悩みすぎな私の子育てライフ

1歳児と3歳児の子育ての経験を中心に。少しでも誰かの役に立てたら幸いです♪♪

【スポンサーリンク】

ディズニーランドに行った気分になれる?!とっとエンカウンターっていう謎の遊び

最近だらけモードのヒエヒエです。
夫が長期間休みなので、だらけきっております。
家事はほとんど夫がしてくれます。朝昼晩全部夫が料理してくれます。

・・・・私の夫は神か?

あまりにもすべての家事をやってくれるので、最近自分の存在価値を見いだせなくなってきましたよ。家事をしない主婦って何だよ。ハハハ。

働き者が家に1人いると、何故かすごくだらけてしまう私です。

明日こそ私は頑張るぞ、夫よ。

まーそんな話はさておき、私にとってこんな神的存在の夫ですが、おちゃらけタイプの、アホなことをするのが大好きな人でもあります。あと、ポテトヘッドになんとなく似ています(どーでもいい情報ですが)。

そんな夫はよく3歳の長女と変わった遊びをするのですね。その遊びの一つに


「とっとエンカウンター」


というものがあります。

なんとなくお気づきの人はいるでしょうか。

はい、ディズニーランドのスティッチエンカウンターのスティッチがお父さんバージョンのものです。(意味わからん!ってつっこみは我慢してください)

なぜ、そんな遊びが始まったかというと、ディズニーランドに行った時にスティッチエンカウンターを気に入った長女が、

「ディズニーランドでまたスティッチエンカウンターに行きたい!行きたい!行きたーーい!」

と家で駄々をこねたことから始まりました。

「ディズニーランドはしばらく行けないよ〜〜。じゃあ、代わりにとっとエンカウンターする??」

と、よくわからないことを言い出す夫。ちなみに、娘は夫を「とっと」と呼びます。

「・・・うん。とっとエンカウンターする。」

よくわからないまま答える娘。

そして、隣の部屋へ移動する夫。


・・・??一体何が始まるんだ?


次の瞬間


襖が勢いよく「しゃーーっ」と開き

「ヤッホー!!とっとエンカウンターが始まるよーー!!みんな元気かな〜〜!!」

と、バナナマン日村のとどのネタの時の様な顔でやたらハイテンションな夫が、右手を上げて登場。

最初はあっけにとられたような表情だった娘も、徐々に楽しくなってきたようで、

「げんきですぅ!!」

って、観客になりきっちゃってます。


・・・おいおい。

「ばげげげ!僕もとーっても元気ー!君はなんていう名前かな?」

トド顔夫が尋ねる。

「〇〇ですぅ!!」

娘ムッチャノリノリやん。しかも本当のスティッチエンカウンターの様にきちんと座ってます。

「〇〇ちゃんね!ばがががががー
かわい〜ね〜〜。」

夫なりに頑張ってスティッチになりきってます。はっきり言ってスティッチとは別物の何かですが。

長女、満面の笑みです。

・・・・楽しそーー。

ま〜こんな感じの愉快な遊びを2人でしている訳です。

この遊びにはまってしまった我が娘。この遊びを思い出しては

「とっととっと!とっとエンカウンターやって〜〜!」

と、夫に駄々をこねる様になりました。
やれやれ。

そして、気分が乗らない時も頑張ってハイテンションでスティッチになってあげる夫。本当に貴方はすごいよ。

私は少し離れてこの遊びに巻き込まれないように暖かく見守っております。



そして最近、そのとっとエンカウンターの遊び方に変化が・・・

「とっと、この部屋で待っといて!ここに座って!!」

と言う長女。そして夫を座らせ、隣の部屋に走って行き・・・ん??・・・


襖、しゃーー


「やあ!!みんなげんき??〇〇ちゃんエンカウンターが始まるよ〜〜!」

と、これまたやたらハイテンションで日村のトドのネタの時の様な顔で江頭2:50の様な動きをした娘登場。

・・これ、本当に爆笑ものでしたよ。

長女には夫がこんな風に見えていたのね。

「げんきです!」

そして次は観客役になる夫。

君たち・・ほんとに愉快だね〜。

しかも、そんなスティッチになりきってる長女をみて、1歳の次女が喜ぶ喜ぶ。

「きゃーーー!!きーー!」って両手をぶんぶん振ってハイテンション。

何がそんなに楽しいんだ??

何はともあれ、娘たちがとても楽しそうなことは嬉しい事です。

この遊び、無料で家の中でディズニーランド気分が味わえますよ。私はやりませんが。

3歳の娘にとっては、スティッチエンカウンターもとっとエンカウンターもあまり変わらないのかもしれませんね。

少し強面の弾けれないお父さん。この遊び・・・いかがでしょう?

新たな一面を発見できるかもしれません。

あっ、何が起ころうとも自己責任でよろしくお願いいたします。


と、まーこんないつも愉快なヒエヒエ家でした。

【スポンサーリンク】