読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩みすぎな私の子育てライフ

1歳児と3歳児の子育ての経験を中心に。少しでも誰かの役に立てたら幸いです♪♪

【スポンサーリンク】

子供は細菌性の風邪からの中耳炎、そして私は捻挫したって話。

3歳児と1歳児の子育て中のヒエヒエです。

つい先日まで以下の記事に書いているように子供の長引く看病疲れでひーひー言っていたのですが・・・

 

www.hiekashi.com

 2週間ぶりに夫が帰ってきて、少し余裕がでてきた私です。

かれこれ、長女、1週間は熱が続きましたからね・・・。こんなに長引く風邪は初めてです。前回の受診で、細菌性の風邪と言われたので、少し風邪についてネットで検索して調べてみました。そしたらいいサイトを発見。

 

www.skincare-univ.com

 

こちらのサイト、記事を書いている方が記事内容に見合った医師の方できちんと写真付きの自己紹介文があるのが安心しますね。

 

そしてこちらのサイトでなかなか治らない細菌性の風邪についての記事がありました。以下は一部抜粋。

風邪を引く原因の約90%はウイルス感染です。風邪のウイルスは100種類以上あると言われ、ウイルスの多くは冬場に活発になり体内に侵入します。風邪の症状はだいたい10日程度でおさまりますが、1ヶ月以上風邪が長引く場合は、ウイルス性ではなく細菌性の風邪を発症している可能性があるため、症状を放っておくのではなく、ドクターに相談することが大切です。

細菌の種類には、扁桃炎や中耳炎などを引き起こす溶連菌、肺炎を引き起こす肺炎球菌、肺炎や菌血症、髄膜炎を発症させるインフルエンザ桿菌(かんきん)などが挙げられます。
ウイルス性の風邪にかかった後に、身体の免疫力が弱って細菌に二次感染するケースもあります。このような場合は、肺炎や咽頭炎などの病気も疑われるため、病院では抗生物質が処方されます。

 

引用:【医師監修】風邪が長引く…なかなか治らない原因と対処法 | ヘルスケア大学

 

風邪ってウイルス性と細菌性の2種類があるのですね。そしてほとんどの3,4日で熱が下がる風邪はウイルス感染で、結構レアなのが細菌感染なんですねえ・・。しかもウイルス感染の風邪は抗生物質は意味ないとのこと。

 

そして、今回長女が細菌性の風邪をひいて、本当になかなか治らないことを痛感しました。そして長引けば長引く程、体力を奪われ、重症化する恐さ・・。そして弱った小さな体にさまざまなウイルスや細菌がどんどん住み着いていく恐さ・・。

40度近くの熱が毎晩出るのですよ・・・一週間近く激しい咳とともに。本当にびっくりです。そして抗生物質を飲んだからと言って必ずしも治るわけではないのですね・・・。

 

細菌性の風邪は本当に厄介です。

 

そんな風邪がなかなか治らない中、昨日再び小児科へ行って来ました。

 そしたら、長女と次女、二人とも中耳炎になっているという診断を受けたので、耳鼻科へ。

あー耳にまで感染しちゃって・・・。

 

診断結果は、長女、結構ひどい。次女、まーまー悪いとのこと。

 

そして二人とも鼓膜切開しました。

 

鼓膜に小さな穴を開けて膿を出すとのこと。

 

切開!?と聞いてビックリしましたが、意外とすんなり終わりました。

 

そして、またもや抗生物質を処方してもらいました。前回は黄色い目やにがひどくて、今回は耳の中。まー全部繋がっているからねぇ・・・。眼からも耳からも口からも抗生物質を入れるのね・・・。大丈夫かいな。食べ物の添加物とか気にしてるレベルじゃあないよ。全く。もー細菌がにくいわ。

 

でも、もしかしたらこれで長引いていた風邪の症状が和らぐかもしれない!

と少し気が楽になって、晴れ晴れとした気分で耳鼻科から外へ出るためにドアを開けた。

すると、あとから0歳児の赤ちゃんを抱っこしたお母さんが玄関で靴を履いていたので、そのままドアを開けといてあげようかなーなんて、私こんなことも気遣える余裕あるママですってな感じでドアを開けたまま出ようとする私。

 

「ありがとうございます〜。」って言われたのでかっこよく振り向いて会釈しながら立ち去ろうとした瞬間・・・

 

事件は起こった。

 

「かっかーー!!」

何を思ったのか、長女が私の行く先の前をいきなり横切ったのだ。

ちょっとした衝突事故。

「うわーーー!!」

長女に躓いた私は片方の足でとっさに支えようと地面に着地しようとするが・・・

 

運悪く段差があり、しかも1歳の次女を抱っこ紐で抱っこしていたので足元見えず・・・で。

 

ぐき!!

 

どってーーーーん!!

 

派手に転びました(次女は死守)。

 

もうねー後ろから「大丈夫ですか!?」

って遠くから聞こえて「あっ大丈夫ですよ!」って平然を装って言いましたが、正直全然大丈夫ではなかったです。

 

足の小指を角でぶつけて「アウチ!」ってレベルじゃあないです。

 

もうね、「ゔが〜〜〜〜!!!・・・うぬ〜〜!」

 

って10分間はその場から動けなかったです。余りの痛さに吐き気と立ちくらみも発生する始末。

 

耳鼻科の出入り口付近の段差に座り込んで2児と一緒に動けない哀れな主婦。

 

客観的に見たら、こんな邪魔な所で何座り込んでるんだー?こやつって感じだけど、リアルで緊急事態。

 

あっ・・・これは折れた?・・かも。

 

とりあえず、15分ぐらい?たってからやっと動けるようになって車で帰れました(左足でよかった)が、次の日整形外科に行く羽目に・・・。

 

あっただの捻挫でしたけどね。骨折れてなくて本当によかった・・・。まじで洒落になんねー。子育て中で骨折は致命的だよ。

 

みなさん、くれぐれも気を抜いた瞬間こそ特に気をつけて下さい、無事に今年を乗り切りましょ!って話でした。 

 

【スポンサーリンク】