読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩みすぎな私の子育てライフ

1歳児と3歳児の子育ての経験を中心に。少しでも誰かの役に立てたら幸いです♪♪

【スポンサーリンク】

私の子供によって与えられた身体的激痛ランキングベスト3(3歳児と1歳児編)

3歳児と1歳児の育児中の主婦ヒエヒエです。

育児中って身体的に痛い事って多くないですか?

例えば、なんで敢えてそこ踏む?!みたいに床に置いていた手をピンポイントで踏んづけたり、「かっかー(お母さんって意味)!!」って叫んで胸に飛び込んできて、顎強打したり・・・。

いやぁ・・・そんな時、私はまだまだ未熟な人間なんで内心「何してくれとんなボケーー!!」って叫んでますよ。瞬間的な痛みに怒りの感情が生じないなんて私には無理っす。出家でもしたら、どんな時も静かな水面の様な心の状態でいられるんですかね?最近話題の〇〇の科学の総裁様ならきっとこの様な感情なんて生じる事はないのでしょう。総裁様は徳島県出身なんですね・・・。まさか徳島からこの様な偉大すぎる人間?様が出現するなんて・・・ね。だってこの世の絶対神の化身ですものね。あー畏れ多い。

 

なんて、すみません。脱線しすぎました。まーとにかく、静かな水面どころか、いつも荒れた海の様な心の状態の私です。が・・・「何してくれとんじゃ!」っと心の中で叫んで、子供の顔を見ると眩しすぎる笑顔にノックアウトして、怒りも吹っ飛んじゃって、「もー痛いでしょ〜〜〜〜。駄目な子でちゅねー。」なんて、生じた怒りの感情を笑いながらチャラに出来てましたよ。昔は(笑)まー実際子供に怒り散らしても意味ないだろうし・・・。

でもね・・・マジで笑えない洒落にならない程の激痛を子供によって与えられた事って長い子育て中1、2度ぐらいありません?普通。

 

ということで、今回私の今までの子育て生活で、マジ洒落にならない程痛かった子供に与えられた身体的ダメージベスト3を勝手に公表します。時間のある方お付き合い下さい( _ _ )

 

第3位

添い乳中の子供が眠りに落ちる瞬間の噛み

 

これ、今1歳半の次女が最近よくやるんです。まだ添い乳しながら寝かしつけているのですが、次女が本当に眠りに落ちる瞬間に顎をガクって締めるんですね。その時、噛むんです。これ、マジありえないぐらいの激痛で、「いたい!いたい!」って本気で叫びます。そしてその時の声で時々子供が起きますw

ほんと、どんな苦行だよ・・・。いつか本当に流血する(涙)

早く卒乳しよ。

 

第2位

耳の穴に鉛筆突き刺す事件

 

この事件はつい最近起こったのですが・・・。まーはっきり言って私の不注意です。3歳の長女が鉛筆を使っていてお絵かきしていました、1歳の次女も何かして遊んでいて、私はゴロンと横になって携帯をいじっていたのですね。メールでも打っていたのかどうか忘れましたが、画面に集中していると・・・次の瞬間ものすごい激痛が耳に走りました。一体何が起きたんじゃーーー!!!状態で訳がわからないまま振り返ると、1歳の次女が物凄いピカピカ笑顔で鉛筆を嬉しそうに持っておりました。・・・おぬし・・何を思ってそれを私の耳の穴に突っ込もうと思ったんや・・・・と、不意を突かれた剣士状態でその場でうずくまっておりました。いや、この時の痛みはその笑顔をもってしてもチャラには到底出来ない程痛かったです。多分5分ぐらいは唸っておりました。まーね、私が悪いんですけどね。鉛筆を使わせて放置状態にしてるから・・・。まさかこんな短時間に3歳の長女が鉛筆を放置して、それを1歳の次女が持って、私の耳の穴にぶっ刺すなんて・・・ね。本当、子育ては少しの油断が命取りです。まー刺した耳の穴が私のでよかったよ本当に。

数年後耳が聞こえなくなってたらどうしましょ?佐村河内さん。

 

第1位

いきなり前を横切った長女に躓いて足を挫いた事件

 

これは、過去の記事で詳細を書いています。その記事がこちら。 

 

www.hiekashi.com

 

いやあ、これは本当に危険ですよ。子供の行動って予想不可能だと身をもって知りました。この事件から2ヶ月たった今もまだ少し足首に違和感がありますからね・・・・。もう一度病院行こっかな・・・。

二児の母は要注意です。抱っこ紐してたら足元見えませんからね・・・。

 

 

 

ということで、今の時点での私の子育て人生での「子供によって与えられた洒落にならない程痛かった身体的ダメージランキング」でした。ランキング名長いな・・・。

おそらく、こんな私のベスト3なんかよりいたい経験をした方は沢山いる事でしょうね・・。だって子育て経験まだ3年8ヶ月の間だけのランキングですから・・・。

 

このベスト3に新参者が入らないようにこれから気をつけようと思ったヒエヒエなのでした(まー子供に怪我がなかったら十分ですけどね!)。

 

 

 


にほんブログ村

 


にほんブログ村

【スポンサーリンク】