悩みすぎな私の子育てライフ

1歳児と3歳児の子育ての経験を中心に。少しでも誰かの役に立てたら幸いです♪♪

【スポンサーリンク】

雑談~最近2人の子育てが楽で楽しいって話(山登り平たんコース中)

もうすぐ4歳と2歳になる女の子を子育て中のヒエヒエです。

最近、喧嘩ばかりだった二人の関係に変化が・・・

そう・・・

喧嘩が少なくなった。

本当に少なくなった。過去にもう毎日喧嘩ばかりで耐えれましぇーん!!っていう泣き言記事がこちら。
www.hiekashi.com


最近、仲良く遊ぶようになった。
二人の世界で仲良く遊ぶようになった。
そしたらね・・・もう、今まででない程、子育て楽になった。
えっ?こんなに子育てって楽だっけってくらい。今までとの落差のせいかもしれないけれど。

今もね、公園で二人が仲良く砂場で遊んでるから、ベンチに座って記事書いてるのね。

少し前だったら、こんなの無理だったよ?だって、すぐに喧嘩して取っ組み合いが始まるからね。おちおち携帯なんかいじれない訳。こうやって、自分の時間が確保できる。しかも、二人で遊んでくれてるから、子育てサボってる感もないの(これは個人的にね☆)。

昨日もね、二人仲良く遊んでくれているから、テレビをつけることなく集中して夕食作れたの。やっぱりね、テレビに子守させるのは個人的に好きじゃないのね。
テレビ育児断固反対派じゃないよ。ワンオペ育児のママにとってテレビってホントに救世主だからね。ある意味夫より救世主。でもできるだけテレビ手段は使いたくないの。
最終手段的にしたい訳ね。


とにかくね・・・最近本当に落ち着いたって思う。
白と黒の絵の具が、混ざって灰色になるようにさ、なんか二人での空間ができて、二人の世界ができて、素敵なの。
長女が絵の具の黒色、次女が絵の具の白色だとしたらさ、今までは長女は黒色を維持するために必死だった訳。白混ざるな!混ざるな!って。でも白色の次女は黒に近づきたくたまらない訳。でも、少しずつ少しずつ触れ合って次女の白が混ざっていくうちに、あっ・・・白混ざってもいいかも・・・って、灰色も素敵かもって長女が気を許し始めたら・・・あら不思議、きれいな灰色になって落ち着きました。
みたいな?

だからね、兄弟喧嘩に疲弊しているお母さんたちは、いつまで続くかわからない喧嘩が毎日勃発するのはつらいですけど、私の子どもの例もある!いつか仲良く遊んでくれる時が来るって知っていただけたら、少しは希望?がみえるのではないかと。

次女が少し言葉が分かるようになってきたっていうのも大きいかもしれないけど。


えっと・・・多少脱線したけど、そうそう。最近育児が楽に感じるって話。次女の生活サイクルが長女と同じになってきたからかもしれない。



もうね、一つのことに集中して用事ができるって本当に素晴らしい!ってつくづく感じるね。

長女だけの子育ての時より、本当に楽ね。とくに精神的に。だって、長女だけの育児のときは、料理する間も、しょっちゅう長女が構って構って攻撃する訳。常に構って構ってってさ。正直何度も邪魔って思っちゃったよ。でも今は私以外に遊び相手がいるから構って攻撃の回数が激減したの。寧ろ私よりも適任な遊び相手がいるのね。寧ろ母さんあっちいって事件ですよ。
私、子育てって子供が増える分だけ育児の大変さが2倍になると思ってたの。
でも、そんなことは・・・ないって実感してる。少なくとも私にとってはそうではない。寧ろ今が子育て人生で一番楽なんじゃないかとすら感じる(今のとこね!)。

育児が一番つらく感じるときって、私は母親の気持が一番影響していると本当に感じるのです。

ある意味、不安定な状況が一番つらいって。一人目の子どもの時はね、色々な意味で不安定なのね。自分自身の子ども込みでの人生設計も練り直さないといけない。
自分は今後どのようにして生きていこうか・・・どのような生き方ができるのか・・・この自分の今後の人生プランが真っ白で、どう書けばいいかわからない、プラス、子育てもわからないことだらけ・・・っていう不安定な状況。考えても考えてもわからない。これが本当につらい。

でもね、考えても解決しないこともある。時が解決してくれることもある。子どもだって日々変わっているのだから。実はすごいスピードで。当事者は気づかないけど、本当にあとから振り返ったら、あの時期は一瞬だったんだって気づく。

そして子育てを進めていくうちに、自分の人生についてなんとなくビジョンが描けて、子育てについてもなんとなくわかってきて、色々と安定してきて未来に希望が持てると、不思議と辛さが軽くなっていく。「頑張るべきことが全く分からない」から、「今頑張るべきことはわかる」って変わるだけでも全然違う。出来てる出来てないは関係ないのね。目指すべき場所があるってだけで全然楽になる。

もちろん、今だって子育て辛く感じるときがある。でも、昔のじめじめした絶望的な辛さとは質が違う。爽やかな明るい辛さなの。

なんか、昔の自分は周りばかりを気にして、周りが幸せに見えたけど、自分自身にしっかり集中してみると、なんだか周りを気にすることが無意味に思えてくる。

ホントにバカな行為だったなって。他人と比べることなんて意味がない。自分は自分。

目の前にこんなに素敵なことが繰り広げられているのにって。

とにかく、もし、2人目の子育てに希望が見えない方、二人目について考えている方に自信をもって、子どもが2人いることは、とてもある意味で総合的に効率的だといいたい。まあ、人それぞれ環境、考え方の違いなどがあるのであまり無責任なことは言えないけど。私は今、子どもが仲良く遊ぶようになって、心から、二人子どもつくってよかったとしみじみ感じております。

子ども同士で仲良く遊んでいる姿は本当にほほえましい・・・。

もちろん喧嘩もしますけど、相当激しい取っ組み合いにならない限り、ほっとけばいいって感じます。少し前までは、アホみたいに止めに入って勝手に疲れてましたけど、やっと気づきましたよ。
これはあかん!ってときだけ止めに入ればいいってね。まあ、その見極めがなかなか難しいのですがねえ。「喧嘩=悪い」っていう固定観念をなくせば気持ち的にだいぶ楽になる。「喧嘩=今の成長に必要」って考えるとね、喧嘩する事にそこまでうんざりしなくなる。大人も一緒にヒートアップしたら逆効果ね。最近になってやっと気づいた。「コラーーー!!」とかすごい形相で怒鳴るとね・・・長女にまねされて次女が犠牲になることになりましたからね・・・アハハ。冷静に拳法の達人の様に瞬時に静かに「やめよ。」みたいなね。長女の振り上げて叩こうとする手を瞬時に力を込めてとめながら。

いあーー子育てっていろんな能力を培わないといけませんなあ。
とにかく今の時点で言えること「子供にやってほしくないことはまずは大人がやらないこと」
これねえ・・・できてるようで・・・いがいと全然できてないですからね。マジで。

知らないうちに、子どもに厳しく、自分に甘くなってますよ。トホホ。

まあまあ・・・子どもと一緒に親も成長しないといけないのですね。ほんと、「子どもに親自身が成長させられる」ってよく聞くけど、本当だったね。この言葉は。綺麗ごとでもなんでもなくさ。


私、過去の記事では結構子育てしんどいポ・・・みたいな記事書いているけれど、むちゃくちゃしんどい時もあるけど、その分むちゃくちゃ楽しいこともあるからね。
因みにこちらがそのしんどいMAX時の記事
www.hiekashi.com


この時はひどいね。

なんだか、私の記事みて、子育てって大変そう・・・って少子化に拍車をかけたくないからね(どんな自意識過剰だよ)

正直、むちゃくちゃしんどいこともあるけど、その分むちゃくちゃ楽しいこともあって、総合的にみたら、むちゃくちゃ幸せだからね。

なかなかむちゃくちゃ幸せに感じる事ってそうそうないよ?でも子育てしているとね、自然とその幸せを子どもがプレゼントしてくれるの。
もちろん辛いことも心身共に疲れ果てることもあるけどさ、ちゃんとその分頑張ったねってお返ししてくれるの。そう考えたら、すごいホワイト企業だと思わない?まあ、辛いのはいつそのお返しをもらえるか時期が分からないところだけど。

だからね・・・女性が子育てに力を入れるより働く方が素敵だっていう社会の風潮は・・・なんだか悲しいなって。

まあ、個人的な意見だけどさ。子育ても楽しいよ。うん。多分・・・負け惜しみでもなく、心からそう思うよ。少し前までは働くママさんに対して劣等感があったけどさ。まだあるかもだけど。
でもでも、それでも、子育ては何よりも立派な贅沢な楽しい仕事(?)だって思える自分がいる。嬉しい成長。

まあ、なんかうだうだ長々と書いてしまったけど、子育てはホント山登りみたいだなって思うよ。でこぼこ道の山道みたいなさ。やっとこの高い岩上れた!って思うとまた大きい岩が出没したりさ、しばらくなだらかな平な道が続いたりさ。

そして総合的には、いい汗かいて、お腹が減って弁当も美味しく食べて、あー生きるって素晴らしい・・・みたいな。

山を楽しく登るのも、うだうだ文句言いながら登るのも本人次第。

どうせなら、楽しく山登った方が得じゃね?って話でした(あーなんだかまとまりがない文章に・・・まあいいや)



では、今日も一日楽しく生きまっしょい☆



 【関連記事】
www.hiekashi.com
www.hiekashi.com
www.hiekashi.com
www.hiekashi.com

【スポンサーリンク】