悩みすぎな私の子育てライフ

1歳児と3歳児の子育ての経験を中心に。少しでも誰かの役に立てたら幸いです♪♪

【スポンサーリンク】

4歳児のびっくり発言の根拠が笑えた件

4歳の長女と1歳の次女と3人乗り自転車に乗っていた時の出来事。

イベントに遅れそうなので、険しい顔で急いで自転車をこいでいた。

信号のない横断歩道を渡ろうとした時、車がとまって道を渡るのを譲ってくれた。

私は会釈をしながら横断歩道を渡った。

渡ったあと、4歳の長女がポツリと言った。

「さっきの車、とまってくれて優しかったね」

「そうだね」

「さっきの車の人、男の人だから・・・とまってくれたんたよ。女の人はとまってくれないんだよ。」

男の人だったんだ。よく見てるなあ・・・。まずそこにびっくり。

「・・・・・?なんで男の人はとまってくれるの?」

「それはね、男の人は女の人が大好きだからだよ。」

自転車をこぎながら、思わず吹き出しそうになった。4歳児なのに・・・なんだその発想。いや、むしろ4歳児ならではの発想なのか?

私はさらに掘り下げて長女と話す。

「なんで男の人は女の人が大好きなの?」

「・・・そういうものなんだよ。女の人はね、男の人が大好きなんだよ。」

「・・・ふーん。」

「だからね、〇〇ちゃんも、男の人が大好きなんだよ。」

私、そんなこと教えたっけなあ・・・。

私の頭の中にクエッションマークが飛び交う中、さらに私は質問した。

「なんで女の人は男の人が好きなの?」

「だって、お母さん、お父さんの事大好きでしょ。そういう事だよ。」

私は自転車をこぎながら、思いがけず笑ってしまった。

「そうか!なるほどね!〇〇ちゃん、すごいねー。」

「〇〇ちゃんすごいでしょ。」

うん、ここまでいわれたら、否定はできないな。あながち間違いでもないしさ。

「ほんとだ!ほんとだ!よく考えたね。よくわかったね。」

「〇〇ちゃんの図鑑に書いてるんだよ」

でた。時々出てくる空想の〇〇ちゃんの図鑑に書いてある発言。

「〇〇ちゃんの図鑑にはね、なんでも書いてるんだよ。12ページに書いてあるんだよ。」

「へぇー、〇〇ちゃんの図鑑ってすごいんだね」

「〇〇ちゃんの図鑑は、なんでもわかるんだよ。また教えてあげるね。」

その、〇〇ちゃんの図鑑を見てみたいものだ。

にしても、4歳児の見えている世界ってどんな世界なんだろう。

意外と大人より真実が見えることがあるのかもしれない。

私が横断歩道を渡るのを車の人が譲ってくれたのは、本当に私が女の人だからだったりして〜、なんてね。自惚れすぎか。

険しい顔がいつの間にか消えていた。

いつもの日常の、少し笑えた4歳児との会話でした。

【スポンサーリンク】