悩みすぎな私の子育てライフ

5歳と3歳と0歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

悪い人間の餌食になるな!どうどうと幸せになればいい。

人間はみんな幸せになりたいという欲望をもっている。

決して悪い欲望ではない。

人間に生まれた以上あって当たり前の欲望だ。

誰だって幸せになりたい。

ただ、世の中には幸せな人間の足を引っ張ること、引きずり落とす方法でしか幸せを感じれない人間が存在する。

人間が本当に悪くなると、人を傷つけて喜ぶこと以外に興味をもたなくなる。

ゲーテ

このような名言があるように、そんな人間がこの世の中にいるのは事実だ。

今回はそんな人間について考えていきたい。

そのような人間は程度の差があるが、確かに存在する。

ひどい暴言を吐いたり、被害妄想が激しく、なんでもいちゃもんをつけて、相手を悪者にしたり、「常識がない」という言葉を連呼して、説教口調であたかも全てこちらが悪いように攻めたり、

色々なタイプがある。

ここではこのような一方的に自分の利益だけのために人を傷つける人間を「悪い人間」と表現することにする。

このような人間に一貫して言えることは

「上手に幸せになる方法を心得ていない。」

ということだ。

「幸せ」になりたいのに、なれないのだ。

だから、自分がどうしてもなれないから、相手を引きずり落とすのだ。

実は人間はそうしたい心理になることは多かれ少なかれある。

「人の不幸は蜜の味」という言葉があるように、実は普遍的に人間がもっている感情だ。

だが、人の幸せを邪魔する、引きずり落とすことだけしか興味のない人間になってはいけない。

何故なら有害だからだ。
苦悩、憎悪を生み出し、周りの幸せを阻害する。

まるで、蟻地獄の様に相手をズルズルと幸せから引き離し、自分だけの欲望の餌食にしてしまう。

そして、本人も幸せになることは無い。

まさに不幸の渦の堂々巡り。

そういう人間、または人間関係からは、全力で逃げなければいけない。

こういう人間はいつまでたっても、井の中の蛙のように、狭い世界で、暗くじめじめした場所で、蟻地獄のように、同じ場所で餌食を待っているだけである。

こういう悪い人間がそのようになった原因としては以下のようなものが挙げられると思う。

・本当の自分に自信がない
・虚栄心が強い
・視野が狭い
・固定観念から抜け出せない
・劣等感をもっている
・理想が高い
・自意識過剰
・原因は自分ではなくすべて周りにあると思い込んでいる。
・頭が堅い
・被害妄想
・臆病者
・自分本位な言い訳や解釈が天才的に上手い

以上のような、さまざまな原因の程度が激しいか、こじれてしまったため、屈折した性格をつくってしまったように思う。
不運な環境でそれを修正する機会が得られないまま、成長してしまった結果なのだろう。

とにかく、自分の追い求める「幸せ」をどうしても手に入れれないから、相手を貶める。

貶めること、足を引っ張ることしかできなくなってしまったのだ。

色々なことに盲目にならないと生きれなくなってしまったのだ。

本当の自分を直視できない。

自分を誤魔化して生きることが普通になってしまっているのだ。

そういう人間のする嫌がらせや理解不能な屁理屈にいちいち反応して、いいカモになるのか?

そういう人間は犬のような臭覚で、そういう、傷つきやすい反応するカモを見つけだす。

隙さえあれば、喜んで飛びついて、嫌がらせをするのだ。

揚げ足取りに必死なのだ。

相手を悪者、ひどい奴扱いし、見下して、なんとか自己肯定感を満たして安心する。

しかし、これだけははっきり言える。

このような行為は本人に一時的な幸せをもたらすかもしれないが、その場しのぎに過ぎず、いつまでたっても根本的な解決にはならない。

ジェットコースターのような気分のムラに蝕まれ、一生苦しむことになる。

何度もいうが、そんな人間のいいカモになってはいけない。

そのような悪い人間は、人を貶めることしか興味がなく目が向けれないので、自分自身が幸せになることに労力を費やすことを忘れている。いつまでも幸せになる努力をしないので、いつまでも底辺でくすぶって、苦悩の堂々巡りをしている。

正直、とても悲しい可哀想な人間なのだ。

そのような「悪い人間」のいい標的になってしまった場合、汚い言葉や行動で傷つき、自己肯定感を失い、神経衰弱してしまうかもしれない。

夜も眠れず、悩み、時に相手に対する湧き上がる憎悪を抑えきれなくなるかもしれない。

でも、そんな相手に対してその湧き上がった憎悪で対抗してはいけない。

憎悪で対抗した途端、相手の思惑通り、同レベルに引きずり降ろされ、餌食となってしまう。

そして不毛な終わりのない堂々巡りの渦へ迷い込む事になる。

決してそんな罠にはまってはいけない。

いつまでも、そんな人間の相手をしていてはいけない。

自分が幸せになることをためらってはいけない。

どんどん上の段階に行きたいのなら、そんな蟻地獄に時間を割いている暇はない。

きっと相手は、上に行こうとするあなたをほっとかないかもしれない。

必死で足をひっぱるかもしれない。

同情を誘うかもしれない。

悪者扱いするかもしれない。

でも、そんな人達にまともに取り合ってはいけない。

エネルギーと時間の無駄遣いだ。

幸せは自ら努力して自分でつくりだすものだと知っているのならば。

悲しい事に、その様な「悪い人間」が身近にいる場合もある。

親、親戚、兄弟など。

その場合は離れたいけれど、離れれないというジレンマに悩むことになる。

特に昔に恩やいい思い出があるのなら、本当につらい決断が必要になるだろう。

だけど悲しいことに「悪い人間」は改善することが本当に困難になってしまっていることが多い。

絡まった糸が複雑に複雑にからんでしまってどうしようもなくなってしまっているのだ。

その改善に自分の人生のほとんどの時間とエネルギーを費やす覚悟があるのか?

それとも、相手に一生気を遣ってご機嫌とりをしながら、悲しい閉鎖的な絆で、同じ場所にとどまるのか?

何に重きをおくかは、人それぞれの自由だ。

もしかしたら、愛が奇跡を起こすかもしれないのだから。

また、もしかしたら、身近な相手の醜い感情を湧き上がらせているのは、自分の存在であることもある。

例えば普段は平和に過ごしているのに、羨望の対象が近くに存在すると、自分がどうしようもなく惨めに感じる場合だ。

あなたが側にいなければ、こんな感情にならないのに…と、本人に悪気はないが結果として相手を苦しめていることになっている場合がある。

その様な場合、離れて距離を置くことが一番だろう。
離れて遠くから相手の幸せを願うことが最善策かもしれない。

「距離をおく、関わらない」ということも、相手を思いやる行動の一つであることを頭に入れておかなければいけない。

そして、執着や依存から離れて、どうどうと幸せになればいい。

幸せになることに罪悪感を感じる必要なんて全くないのだから。

どうどうと幸せになればいい。

以上、誰かの苦悩を少しでも和らげることができたら幸いです。

【スポンサーリンク】