悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

世界を広げるにはリスクを負う以外道はないのだから。

欲しいものがあるならリスクを負わないといけない。

リスクを負わないで欲しいものを手に入れるなんて出来ない。

でも、リスクを負っても欲しいものが手に入るとは限らない。

自分が「羨ましい〜ずるい。羨ましい〜ずるい。」と思っている対象はあるか。

そして、自分はそうなる為に一体何をしてるか。

何もしないくせに、指をくわえて文句を言っていないか。

暖かい布団から出れないで、うだうだしていないか?

車に乗りたいなら、まず免許をとらないといけない。

車屋さんに足を運ぶのではない。
自動車教習所に行かなくてはいけない。

まず、そこを間違えてはいけない。

そして車に乗ったら、乗らないよりは事故にあう可能性が高い。

車に乗ったら、乗らないよりお金がかかる。

でも、車に乗れる。

車に乗れたら世界が広がる。

でもリスクも高くなる。

出来る事が増えていくとそれによる恩恵がある分、苦悩もある。

目が見えると綺麗な風景が見れる。

だけど、醜い物も見える。

耳が聞こえると、美しい音楽が聴ける。

だけど、聞きたくない言葉も勝手にはいってくる。

幼児だって出来る事が増える分、それによる苦しさも知る。

言葉が理解できるようになったら、言葉によって嬉しくも、辛くもなる。

ああ、言葉でこんなに傷つくのは、言葉が分かるからだ。

自分の生きる世界が広がるということは、傷つく原因も増えるのだ。

傷つく事を恐れていると前に進めない。

傷つくことは怖い。

言葉で傷つくことを知らない無知な子どもだからこそ、言葉を覚えれる。
前に進める。

無知な子どもは前に進むことしか知らない。

傷つく事を怖れてたら、何もできない。

でも…

大人になったら、子どものように無知ではない。

傷つく辛さを知ってしまっている。

世界が広がるのが億劫だ。

これ以上世界を広げたら、リスクも増える。

そう。自分がその広さで満足しているのならいい。

だけど、もしも嫌なら…。

傷つくことを覚悟して一歩を踏み出すしかない。

寒さを覚悟して布団から出るしかない。

うだうだ無駄に考えることは、ただの時間の無駄使いであることに気づかないといけない。

何も考えずに、布団を蹴り上げて起き上がらない限り何も始まらない。

寒さを覚悟して布団から出ないことには何も始まらない。

世界を広げるにはリスクを負う以外、道はないのだから。

もしかしたら、運命の出会いが、その日にあるかもしれないのだから。

千里の道も一歩から。

【スポンサーリンク】