悩みすぎな私の子育てライフ

5歳と3歳と0歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

「100万回生きたねこ」は何で最後生き返らなかったのか。考察してみた。

子育て真っ最中のヒエヒエです。

「100万回生きたねこ」という絵本はご存知でしょうか?


こちらの絵本有名ですよね。

私は「良い絵本」とは「子供だけでなく、大人にとっても様々な考えを巡らすキッカケになる絵本」だと考えています。

だとすると、「100万回生きたねこ」は間違いなく「良い絵本」と言えるでしょう。


内容はwikipediaより

主人公の猫は、ある時は一国の王の猫となり、ある時は船乗りの猫となり、その他、サーカスの手品つかいの猫、どろぼうの猫、ひとりぼっちのお婆さんの猫、小さな女の子の猫…と100万回生まれかわっては、様々な飼い主のもとで死んでゆく。その時、100万人の飼い主は猫の死にひどく悲しんでいたが、当の猫はまったく悲しまなかった。主人公の猫は、飼い主のことが大嫌いだったのだ。

ある時、主人公の猫は誰の猫でもない野良猫となっていた。「自分だけの事が好き」な主人公の猫は、100万回生きたことを自慢し、周囲のメス猫たちも何とか友達や恋人になろうと、プレゼントを持ってきたりして周囲に寄ってくる。

しかし、唯一自分に関心を示さなかった一匹の白猫の興味をなんとか引こうとするうちに、いつのまにか主人公の猫は、白猫と一緒にいたいと思うようになる。そして、白猫にプロポーズをするのであった。白猫は主人公の猫の思いを受け入れた。

そして時がたつと、白猫はたくさん子供を産み、年老いてゆき、やがて猫の隣で静かに動かなくなっていた。そこで猫は初めて悲しんだ。朝になっても昼になっても夕方になっても夜になっても、猫は100万回も泣き続け、ある日のお昼に猫は泣き止んだ。

そして猫も、とうとう白猫の隣で静かに動かなくなり、決して生き返らなかった。

出典:100万回生きたねこ - Wikipedia

文字だけの説明だと、分かりにくいですね。

とりあえず、未読の方は是非一度絵本を読んでみてください。


何故猫は100万回も生き返ったのでしょう?

何故猫は最後に生き返らなかったのでしょう?

読み終わった後、さまざまな疑問やなんとも言えない余韻が残ります。

人それぞれで、様々な受け取り方、解釈があるでしょう。

それができる内容ほど、私は素晴らしいものだと考えています。

それを承知の上で、私の「100万回生きたねこ」の解釈を述べさせてもらうと、

この絵本は「愛」の性質を見事に表していると思います。

猫は愛されます。猫が死んでしまうとみんな泣くのです。

猫は沢山の愛を注がれるのです。

「愛」についてはこちらの記事で私の考えを書いています→

www.hiekashi.com


こちらの記事で述べているように愛とはエネルギーで、猫には沢山の愛というエネルギーが注がれているのです。

ですが、猫はその愛をすべて受け流しています。

そう、猫は「愛」の扱いを知らないのです。

いくらコップに沢山の水を入れようとしても、蓋をしていれば、一滴もコップには水が注がれない。

いくら「愛」が注がれても、それに無関心だと、「愛」というエネルギーは悲しく流れ去っていくだけです。

「愛」は与える側と受け取る側が相互に正しく作用してこそ、増幅できるのです。

猫が大っ嫌いだった、猫を一方的に愛した人間達はきっと独りよがりの「愛」だったのでしょう。

自分の為に「愛」を与えている。

独りよがりで、悲しい存在として「人間」が描かれている気がします。

人間たちは自分の為だけにねこを愛していた。

自分の為に猫を利用していた。

きっとその一方的な愛は猫にとっては嫌なものだった。

だから、大っ嫌いだったのでしょう。

そう、人間達は自分の為に猫を利用していただけなのです。

人間の一方的過ぎる「愛」は猫を幸せにすることは出来なかった。

猫は何にも満たされなかった。

不満だった。

だから生まれ変わった。

何回も何回も。

結局、猫の心を満たしたのは、唯一猫の自慢話しに無関心だった「白猫」でした。

「白猫」がキッカケで、猫は初めて「愛」を与えることを知るのです。

ずーっと「愛」を受けるだけだった猫が初めて「愛」について学んだのです。

愛する事を知り、やっと正しく「愛」を相互で作用することができたのです。

愛し愛されることの素晴らしさを知る。

「愛」を増幅することができたのです。

「愛」を増幅することができて、初めてこころが満たされるのです。

ねこは満足した。自分の一生に。

満足したから、もう生き返らなかったのではないのでしょうか。

言い方を変えると「愛について無関心、無知だと、100万回生きても心が満たされることは決して無い」という厳しいメッセージにも受け取れる気がします。

正しく愛すること。

それは本当に相手の事を考えてのことか。

その「愛すること」が気づかないうちに「自分の為」だけになってはいないか。

独りよがりになってはいないか?

ペットや老人の延命治療は本当に彼らの為になっているか。

その子供への愛は子供を苦しめていないか。

自分本位になっていないか。


一方通行の愛は相手の心を満たす事はできない。

「愛する自分」に酔って、かえって相手を見失っていないか。

また、周りの「愛」に気づかずに過ごしていないか?

「愛」に無関心な限り、心は満たされることはない。

私たちがよりよく生きる為には、「愛」について学ばなければいけない。

「愛」について気づき、正しく扱ってこそ、心は満たされ続けるのだから。

「愛」は相互が努力を継続してこそ、輝きを放ち続ける事ができるのだから。

「100万回生きたねこ」の絵本の正しい解釈なんて存在しないのかもしれない。

けれど、私はこんな事を考えれずにはいられないのです。

こんな「愛」についての考察を生み出してくれた「100万回生きたねこ」は間違いなく「良い絵本」だと。

以上、絵本「100万回生きたねこ」についての考察でした。


【おすすめ記事】

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

【スポンサーリンク】