悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

暇な時間が耐えれないのは危険?エネルギーと時間があるうちに頭を使え!

思考するヒエヒエです。

私は昔、一人の暇な時間ができるのが怖かった。
まるで自分が一人で何の予定もなく過ごしている時間にみんなが何か他に貴重な事をしていて、どんどん先に行っているんじゃないかって。

でも、子育てして自分の時間があまりなくなると、自分と向き合うことのできる暇な時間ってとても重要な事だということに気付いた。

暇な時間がないと自分の頭をじっくり使えない。

自分の頭をしっかり使うのは実はとても大変なことで、怠けていると、世の中の川の流れに流されるだけみたいになる。

流れに任せるままに流されていたら気付いたら「全く見知らぬ悲惨な場所」に流れ着いてしまっているかもしれない。

そう、自分の頭をちゃんと使うことは、流れる川で、しっかりと自分の力を使って行きたいところへ体を動かして移動するようなものだ。

自分の頭をしっかりつかってしっかり考える事は本当に骨の折れる仕事だ。

だから、殆どの人間はきっと「あーめんどくさい」と思って、流されるままに流されていく。

その方が楽だから。

特に今の世の中複雑になりすぎて、なんとなく流れのままに流される雰囲気がただよっている気がする。

「みーんな流れてるし、私もこのまま流されたままでいっか」みたいな。

私の中のイメージは「ラッコみたいに上をボケーっと見ながら、プカプカ浮いて川でただ流されている」みたいな。

スマホを見ながら流されているのも想像できる。

スマホと自分の世界だけになって、周りの景色なんて全く見えていない。

自分が本当はどこにいるのか、どこに行こうとしているのか全く関心がないのだ。

そして、その川の流れがどんどん強くなっている気がする。

流されていた方が楽なのだ。



でも、もちろんそれはリスクもあることを忘れてはいけない。

朝日新聞のコラム「折々のことば」で書いてあった内容が心に響いた。


部分部分はそれぞれうまく組み合わさっているのだが、それが全体としてどのような絵柄になるのか想像するものがいなくなった。

本当にそう思う。

休みなく忙しく働き、全く自分の頭でしっかり考える機会がなく、少しでも暇ができたら、自分と向き合うのを恐れて(またはめんどくさがって)スマホゲームをしたり、不毛などうでもいい芸能ニュースを読み漁る。

自分は知らないうちに、その様な行動をとるように導かれているのだ。

習慣のように暇ができたらyahoo!ページを開き、特に見る予定がなかった芸能ニュースに指が動く。

自分で選んで行動しているようで、何処かの誰かさんの思惑にはまり、誘導されている。

即ち、「利用される可能性がある」

そう、頭を使わず、ボーっとしていると、そのような事が日常茶飯事に起きているのだ。

受け身な生き方。

こういう日々を送って、ふと流れに身をまかせるのをやめて起き上がって周りを見たら、「全く見知らぬ場所」にたどり着いていて、途方にくれる…。

暇な時間をもっと貴重に使わなければ。
暇を恐れてはいけない。
暇を喜ばないと。
暇なのは贅沢なこと。
暇な時間は自分の頭を使える絶好のチャンス。

周りを見渡せる絶好のチャンス。
自分を培う絶好のチャンス。

暇な時間を受け身の時間につかうのはもったいない。

本を読む。これも気をつけないと受け身になりうる。

スマホゲーム。これは完璧受け身。作り手の餌食にならないように気をつけねば。

頭を使う練習。

脳みそを沢山使う!

インプットは大事だ。でもアウトプットはそれ以上に大事かもしれない。

インプットとアウトプットのバランスに気をつけて。

自分の精神に肉付けを。

自分の精神に肉付けするには「エネルギー」と「時間」が必要なのだ。

労働に追われて時間もエネルギーも不足していたら、精神に肉付けできない。

頭を使う時間がなかったら頭が鈍る。

受け身な生き方が当たり前になり、その様な生き方しかできなくなる。

「受け身である」=「それに支配されている状態」

自分で自分の道を切り開きたいのなら…。

自発的に、積極的に、能動的にどんどん暇な時間で頭を使わなければ。

だから、私は子供には「暇な時間」を耐えれない人間にはなって欲しくない。

暇さえあれば、すぐにスマホで映像を見せたり、ゲームを与えたり、テレビを見せたり、おやつを与えたり、どんどん新しいオモチャを与えたり。

車で移動中、すぐに子供のテレビをつけたり。

それは、自分の頭を使う機会を失わせていることに気づかないといけない。

自分の頭で考えて時間を使う練習をさせないと。

特に子供達は。

そうしなければ、将来受け身な人間を量産する結果になってしまう気がする。

自分の頭をつかって、ストーリーを考える。
遊びを考える。
物を作る。

インプットにばかり集中してしまいがちだが、アウトプットも大事にしないと本当の意味で身につかない。

こちらの記事がとても参考になりました→

www.neomontaka.com



そして、気づいた時には、自分勝手な支配者に知らないうちに利用される…。

そうならないために、しっかり時間があったら自分の頭を使う習慣をつけないと…。

なんて、今後自分自身も、子供にも気をつけようと思ったヒエヒエでした。




あ、最後に重要なこと…

エネルギーと時間がないのに無理に頭を使うことを優先させたら危険。

エネルギー不足なのに無理に走ろうとするのは鬱病の元。

時間とエネルギーがあってこその話し。

どんどん自分磨きができるのは、時間とエネルギーに余裕がある人の特権ということか。

世の中は世知辛い…(´-`)

【スポンサーリンク】