悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

夏休み明けての格言「真剣になってもいいが深刻にはなるな」

6歳、4歳、1歳育児中のヒエヒエです。

すっかり夏休みが終わって、日常に戻りました。

以前こんな記事を書きましたが→
www.hiekashi.com


やっぱり、夏休みより平常運転の方が、ビシッ!ってする。

人間って不思議です。

やっぱり、適度な忙しさ、何より暇よりも、充実した忙しさがとても心地が良いです。

私にとって「何か自分の役割を全うすること」はとても大事な事だとつくづく思う。

今の私の役割は「子育て」

でも、子育てを一人でするのは手にあまり過ぎる。

私一人のエネルギーより、沢山の人間のエネルギーを沢山子供達に注いであげたい。

それには、「幼稚園」という場は本当に最高ですね。

子供にもいい影響。

親の私にとってもいい影響。

やはり沢山の人達と関わるって本当に大事なことです。

幼稚園、周りの皆さんに感謝です。

私は最近とても生きやすいです。

昔は本当によく鬱っぽくなっていました。

今では嘘のように殆どないです。

子育てを通じて私自身が、かなり成長させられました。

子育てを幸せと感じれる。

そんな私は本当に幸せ者だし、周りの人々に感謝しないといけないなって思います。

無常なものはない。

それは人間も同じなのですね。

色々と目には見えないけれど、考え方とかが、外見ではなく、中身の部分が少しずつ変わっていっているのを実感しています。

私は大人になってある人から言われて気付いた事ですが、

考え過ぎて、知らないうちに「真剣から深刻」になって無駄に色々と浪費する癖があったみたいです。

「真剣になるのはいいが、深刻にはなってはいけない」

最近、私の心に一番響いた言葉です。

確か家のドアポストに入っていた「倫風」っていう冊子の中に書かれていました(信者ではありません)

いやぁ、私には的確な指摘の言葉です。

で、つい最近まで私は無意識に
「真剣→深刻」にいつのまにかチェンジしていて自分を苦しめていました。

それは無駄なことだと。

遅いかも知れませんが「気づく」事が出来て幸いでした。

そうそう、同じようなことが、ラッセルの「幸福論」にも書いてありました。

こちらの記事で触れています→
www.hiekashi.com

この記事、かなり闇〜な感じですがw

私は考え過ぎる性格で、それは自分でも自覚していて、決して悪いことではないと思っています。

ただ、「深刻」になって、無駄に不安になったり、思考の堂々巡りになる思考回路は、改善しなければならないと思います。

そう、その事に気付き、意識し始めてから、私は一気に、何だか生きやすくなり、毎日を楽に生きれるようになった気がします。

本当に「気付いて意識すること」って大事です。

・・・・と、また無駄に記事が長くなりつつあります( ̄∀ ̄)

なかなか、私はサクッと記事が書けない質みたいです。

どうしても、ブログを書いているうちに、どんどん思考が連鎖して、収集がつかなくなるのは、おきまりのパターン(笑)

まぁ、それも私なのかなって。

もう、自分を無駄に卑下したり、責めたりするのはやめた。

だって、私は私なりに一生懸命生きてる。

まずは自分を大事に出来ないと、自分以外を本当の意味で大事になんて出来ない。

だから、自分に厳し過ぎる人は、自分を許す事の重要さを知るべきだと。

自分を傷つけて、悲劇のヒロイン的感傷に酔ってる。

それは、ただ、「忘れる」為の行為で建設的ではない。

目的がすり替わっている事に要注意。

自分を苦しめて喜ぶ癖はほどほどに。

とにかく!

「深刻」よりも「真剣」になることに意識をしたら、楽になるかもしれません。

「深刻」になりそうだと気づいたら、切り上げて寝る!これが一番かも。

煮詰まったら「やめる」のも勇気(笑)

では、明日もゆる〜く頑張りましょう☆

【スポンサーリンク】