悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

地獄の道連れ心理

どうも、ヒエヒエです。
最近、ブログでの世迷いごとが多くなってきているヒエヒエです(^◇^;)

もういいんですよ、もう…はい。

で、今回も勝手に私の中の脳内解放始めます。

今日は「地獄の道連れ心理」

っての。

これ、私が勝手に考えた造語(ないよね?)

どんな心理を表すかっていうと、

『自分が得られなかった(または今得られていない)「いい思い」をあんたが、易々と手に入れるのは許さんよ?』って感じの心理。

例えばよ、

よくある嫁姑問題勃発の火種の原因

「私の時は(そんな苦労)当たり前だったわよ?」的発言そして突き放す。

これ、完璧嫁に対する僻みからの言動。

嫁のことなんて考えてないの。まったく。

私の時は誰も助けてくれなかったのに、あなたの時は助けられるなんて、報われるなんて、いい思いできるなんて私は許さない。あなたも私と同じように苦しむべきよ?

って、いう正に
「私と一緒に地獄へ落ちなさい」的心理。

[妬み嫉み]+[私の苦しみを一緒に味わえ〜]+[私を差し置いていい思いするのは許さん阻止してやる]っていう心理が

「地獄の道連れ心理」

え?なんで「地獄へ道連れ心理」じゃないかって?

んー

何となく?

この心理になった時点で自分も地獄にいくようなものだからかな?

この心理自体の雰囲気が地獄ですよ〜って感じかしら。

この心理になったら

「あなた地獄に落ちるわよ!」って感じ。

…うん、このフレーズ懐かしいね。

まーとにかく、この「地獄の道連れ心理」、あからさまではなく、分からないようにカモフラージュされていることがよくある。っていうか、大体カモフラ。

大体のカモフラージュ作戦によく利用されるのが

「あなたの為を思って言ってる」的な?

「私は正しいことをいってるのよぉ〜」みたいな?

まーマジで質が悪い場合は、本人も本気でそう思い込んでいる場合。

「地獄の道連れ心理」に気づかずに。

これには惑わされてはいけない。…し、あまり近づかない方がいい人種です。

本当に自分のことを想っての言葉かどうかって、意外に分かるもので、言われてモヤモヤする場合は大体「地獄の道連れ心理」がからんでるかも。

てか、よく嫁姑問題でさ、
「それ、あなたの実の娘にも、同じこと言えますか?!」的発言は大体「地獄の道連れ心理」だと思う。

あと、私の経験上、自分の子には甘々なのに、やたら他人の子に厳しい事いう人とか。

いや、それ、自分の子に言えよ?ってやつ。

あーダメだ、色々思い出してたら、ついつい口が悪く…失礼。

と、まぁ、結構自分の事を棚に上げて「地獄の道連れ心理」について説明しましたが、私自身も結構あるんですよ、この心理になることが。

例えば、
小さい場合の例だと、

休みの日に、子供が早く起きて母親の私が早く起こされた時、

気持ちよさそうにのんびり寝ている夫に対して…

「いつまで寝てるんじゃー起きろー!!(怒)」

…と、布団をひっぺかす行為。

さらにカモフラージュ的な言い方は

「いつまでも寝てたら、夜眠れなくなるよ!」

とか、

「せっかくの休みなのに時間がもったいないよ!」

とかね。

ちっさい女ですよ。

まーこの「地獄の道連れ心理」になる場合っていうのが、「自分が満たされていない」って条件なんですよね。

満たされていて、余裕があったら、ならないんですよね(涙)

だけどね、

この「地獄の道連れ心理」
きっと、回り回って自分にきちゃうんですよね。

自分がやるってことは、やられるって訳で…。

だから、「地獄の道連れ心理」になりそうになったら、ぐっと歯を食いしばって、他人ではなく、自分にフォーカスを当てるように努力しないといけないですよね。

はい、自分自身に言い聞かせています。

「地獄の道連れ心理」って基本、自分が這い上がることではなく、他人を蹴落とす方向に視点がいってしまっているのですよね。

この時点で、自分の成長がはばまれている事に気づかないと、ですね。

上へ上へ行っている人は、そんな事にエネルギーを費やすぐらいなら、自分の成長に費やすものなのですよね。

あーもう、気をつけよう。

ていうか、私が「地獄の道連れ心理」とか勝手に言ってるけど、正式名称ありそうな気がするぞ…この心理。

もし知ってる方がいましたら教えてください⭐︎

では、今回もお付き合い下さりありがとうございました。

あ、そういえば、この「地獄の道連れ心理」に腐敗した人について過去にブログで書いたな…
www.hiekashi.com


これ、相当嫌なことがあった時に書いた記事だな(笑)

【スポンサーリンク】