悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

過去4年の黒歴史ブログ記事を初めて振り返ってみようと思う

どうも、そこらへんに普通に歩いている主婦ヒエヒエです。

今回は珍しくパソコンで書いています。

いつもは、子どもを寝かしつけた後、暗闇の中、携帯をいじってブログを書いたり書かなかったりしております。って知ったこっちゃねーーって感じですが。

 

私事ですが、ブログを何だかんだ長い間続けてきて、まーー嫌になったりとか、やっぱ書くことって好きだわーとか思うのですが、なんかね、私なりに一生懸命時間とエネルギーを削って書いてきたつもりなのですよ、一応、これでも(なぜ半ギレ?)

 

が、、、まあ、なんていうか、過去の記事ってまーーー読まれないですよね。

 

あれだけ寝る間も惜しんで書いた記事がさ、もうさ、「無」も同然になってしまっているのは・・・・まあ、何とも悲しい。虚しい。泣ける!・・・・という気持ちにふとなりました。

 

私みたいに、ブログに対して継続力のない努力不足な私がこんなこと言うのは笑っちゃう話ですがね。

 

なんていうか、読まれようとする努力を何もしてきていないのですね。ただ、書くときはとことん真剣に書きますが、書いた後は「もうしーーらない」です。

 

正直に言うと読み返すのが恥ずかしい。

 

そう、これが一番なのです。

 

そして、自分でも過去の記事を闇に葬りたいのか読まれたいのか・・・わからない微妙なラインの記事がわんさかあるわけです。

 

ですが、今回私なりに自分の記事を軽く振り返ってみようと思いました。なぜなら、なんか「恥ずかしさ」より今「虚しさ」の方が勝ってしまったから。今は。

 

そして、なんだか、今までのブログの過去をしっかり振り返らなければ、前に進めない段階に今きている・・・と、なぜか思います。要するに行き詰っている。

 

ということで、軽くね。。。かるく。古い順に振り返ってみようと思います(あーーーこわいこわいこわい)

 

なんかタイムカプセルを開ける心境。

 

ということで始めます。

 

えっと、まずは・・・こちらが記念すべき一番最初に書いた記事→

 

www.hiekashi.com

 

やばいよ、この記事を書いてから4年もたってるよ・・・。この短い記事書くだけで徹夜したのを覚えています。

 

そしてこちらの記事も同じく4年前。

もう、なんていうか、若い、ノリが若い。青い。そして、もはや黒歴史。

だけど、この時の情熱は覚えてる。うん。

 

 

 

 

もう、この時は、PVが欲しくてたまらなかった。だからこんな恥を捨てた記事を書いたのを覚えています。子育て中ずっとPVチェックばっかりしてた。この記事でPV50いって、興奮したのを覚えています(遠い目)

 

そして、たまーにこんな日記風記事もかいています。

本当に気まぐれ。基本「今の気持ちを忘れないうちに形に残したい!」という強い思いを元に衝動的に気まぐれに書いております。

 

www.hiekashi.com

 

マジで、この記事自分の記憶の中でも消えてた。

誰からも読まれず、書いた本人にも忘れられ・・・なんて哀れな子!

そして次に目についたのはこちらの記事→

 

www.hiekashi.com

 ははは。まじで、4年後でも闘っているとは。そして4年後でも2歳児の子育てしているとは夢にも思っていないでしょうねー(3人目育児中)過去の私!先はながいぞ。

 

そして次は・・・こちらは内容が重い記事→

www.hiekashi.com

 

こちらの記事は本当に真剣に真剣に死んだ友達について思い出しながら、自分の心と向き合って書きました。我ながら書き終えた後、達成感があったのを覚えています。

読者さんから、「泣きました」と感想を頂いた時は本当にうれしかった。

 

あと、子育て主婦ならではの記事→

 

www.hiekashi.com

 個人的にこういう記事は繊細な内容なので投稿する時は真剣に何度も読み直します。そしてコメントがくるのが本当に怖い。そして正直あまり書きたくない分野です(過去に痛い目に合ったので)

 

そして時に専門家みたいになりきって記事を書きたくなる衝動に駆られます。

うん、結構しばしばかられる。

こんな記事とかか。。。

 

www.hiekashi.com

 

あーーもう、なんかすごく真剣に書いたのは覚えているけど、今の疲れた頭の私には全く読む気にならない内容と文章だわ。本当にしっかりと読んでくださった読者さんがいてくれたのなら感謝しかありません。

でも、マジで当時はきっと論文でも書くつもりの熱意で書いています。

 

次にこんなの→

 

www.hiekashi.com

 

あまり頭を使いたくない時はこんな記事の方が読んでいて気分がいいですね。

んん?ここまで振り返ってみて、なんか自分の記事を振り返ることで読者さんの気持ちが少し分かることに気づきました。あーー私4年間もこの作業放置してたよ。記事をふりかえるのってやっぱり大切なのかもしれませんね。

 

そして・・・あーーーこれこれ。

 

 

www.hiekashi.com

 

 

www.hiekashi.com

 

この記事もむちゃくちゃ頭をフル回転して徹夜で布団の中で書いたのを覚えています。本当に真剣に真剣に書いたのよ。で、書き終わった後、私天才じゃね?とか興奮した頭で思ったこともぼんやりと覚えています。でもね、さすがに私でも何となくわかります。・・・この記事真剣に読んだ人・・・・・いる?

あーこういうのをJIKOMANZOKUっていうのかな?

 

えええっっと次はこれにしようかな(何だか苦しくなってきた)

 

 

www.hiekashi.com

 

時々こんなのを書いちゃったりします。

うん、こういう記事を書くときは大体すごーーく嫌なことがあった時ですね。

嫌で嫌でたまらなくて、頭を掻きむしりたくなる程イライラして、書く事によって頭を整理して負の感情を浄化する、って動機で書いた記事です。この類の記事も結構書いているきがする・・・。

こういう記事を書くときは、「あーブログやってて良かった」と心から感じますね。

 

 

・・・・・ということで、本当にざっつーーーーーーーに自分の記事を過去をさかのぼって振り返ってみました・・・が、2017年でもう・・・・限界。もうHPない(ハヤッ)

 

 

 

ですが、意外と・・・楽しかったですね(はあはあ)。また気が向いたらしたいと思います。

自分の過去を振り返るのってなんて嫌なエネルギーをつかうことでしょう。いや、私が生んだかわいい子達(記事)なのだから、私が受け入れてあげなくてだれが受け入れる!

これからは、もっと自分の過去の記事を大切にしようと思いました。うん、生みの親にも忘れられたらあまりにもかわいそうだわ。

 

もし私の過去の遺物がだれかの心にこの記事をきっかけにして響いてくれたらこれ以上嬉しいことはありません。

 

以上、お付き合いいただきありがとうございました!

 

 

【スポンサーリンク】