悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

今のブログに対する考え

宮沢賢治の「心象スケッチ」

自分の精神で見た世界を残したいという気持ち。
一瞬を永遠化したいという気持ち。

とても分かる。

私がブログを続ける理由もその点だ。

そんなに多くの人にも読まれない。

もちろん、ブログ収入なんか殆どない。

そんな私が何でブログをずっと続けているか。

それは、写真を残すように、自分の心で見えた世界を残しておきたいから。

パシャリパシャリと。

私の携帯の中にはどうでもいい写真が大量にある。

取るに足りない写真ばかり。

だけど、写真で残しておかないと、なかなかその時の記憶は取り出しにくい。

写真がある事で、その時の記憶に素早くアクセスできる。

写真を見ることで、その時の記憶を要領よく取り出す事ができるのだ。

私のブログもそんな感じ。

パシャリパシャリと。

自分の内面で偶然何かが繋がった時、
何かが形成された時。何か素敵な世界を一瞬見れた気がした時。

それを忘れたくなくて、パシャリと記録してブログという箱に保管しておく。

性能の良くないカメラかもしれないが、出来るだけ忠実に記録することを心がけて。

まるで奇跡の瞬間を孤独な野外で待つ写真家のように、その時は自分と向き合う時間が必要だし、正直辛いけれど。

たまたま出来た水泡?
たまたま出来た美しい夕暮れの景色?
たまたま出来た刹那的な何か。

そんな感じの何かを残したくて文字で表そうと試みる。

価値があるかどうかなんて分からない。
とにかく、残さないと気が済まない。

寂しがりやだから、誰かと共有したくて、ただの日記じゃなくて、ブログの箱に入れる。

それは、私にとってはもちろん大切な写真が沢山入った箱だ。だけど、他人から見たら、ただよく分からない写真が無造作に入っているだけに見えるだろう。

いつか、この写真を素敵にまとめたい。

まとめることで、きっとより多くの人に分かりやすく自分の見ていた世界を表現できる。

私という人間が何か一つでも確かな事を…真実を知ることができるのならば、それは、自分で自分の精神を研究することでしか得ることが出来ないと思っている。「我思うゆえに我あり」

その為にパシャリパシャリと撮り続けたい。

写真が多ければ多いほど、きっと何かがみえてくる。

全貌が見えてくる。

だけど、今私が見ている世界が見えるのは実は制限時間があるのかもしれない。

気づいた時には何も見えなくなっているかもしれない。

それはとても怖いことだ。

だから、とにかく今は自分のカメラの性能を上げる努力をしようと思う。

そして、とにかく、パシャリパシャリと沢山撮りたい。

きっと今心で見えてる世界は無常だから。

【スポンサーリンク】