悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

インプット・アウトプットがヤバイ人を発見してしまった。そして自分の非力さに打ちのめされた。

どうも、夜9時頃には大体HP3ぐらいのヒエヒエです。

今回は久しぶりにきっちりと読者さんに向き合って記事を書いてみたいと思います。

「おいおい、5月投稿記事数0だった瀕死ブログが最近記事を連投してるのどうしたどうした?!」

・・・・と気づいて下さる読者様もいないような瀕死状態のブログでございますが、何だかまた「ブログを書きたいなー」という思いが強くなってきましたので、少し心境などを書いてみようと思います。

 

ここ最近、私は「もうマジで自分だけの秘密ノートに書いとけよ!」的な本当に自分用の覚書みたいな記事を連投しています。

 因みに昨日書いた記事↓

www.hiekashi.com

 

 一昨日書いた記事↓

 

www.hiekashi.com

 

(↑結構いい文章が書けたと思う記事なのです…自分なりに)

 

そう、本当にあまり読まれなくなったブログに記事を投稿するのってなんだか、虚しいし、恥を晒しているようで辛いのですが、私の居場所はここだけなのでしょうがなく恥を忍んで投稿しております。はい(笑)

いや、私はあまり読まれなくてもブログを続けたいな、とは思っています。…が、やっぱり弱い人間なので、あまりにも読まれている実感が無ければもう、ほんと…はい、自分でも、読まれたいのか読まれたくないのか、読者様に反応してほしいのか、欲しくないのか、自分でもよくわかりませんが、とにかくやっぱり虚しさは感じる。

 

何だかんだ言ってやっぱり読まれたいのですよね。自分が書いた文章を。でも読まれることに恐怖もあるって感じ。でも読んでほしい。…やっぱり読まれなくてもいい…なんて自分のなかで堂々巡りをしているわけです。

 

だってねえ、読まれるブログって色々大変そうですし、実際大変だと思います。おそらく心が強い方達なのだろうなぁと敬服致します。私も過去に辛辣なコメントを光栄なことにまあまあ沢山もらった事がありますが。正直嫌。私は気にしていません~的に装ってもやっぱり不快なもの不快なわけで。自由を愛したいので考えを押しつけるようなことはされたくないのですよね。

だからって読まれなくで反応ないのも、何だか嫌…っていう我儘な人間です。結局は、私は自己顕示欲が強い人間なのだな…と思います。読まれなくてもいいや、と思いながらも。やっぱり沢山読まれているブログはうらやましいな、と思う。やっぱり宮沢賢治みたいにストイックに表現活動はできない。

 

www.hiekashi.com

 

(これから、ちょくちょく自分の過去の記事普及活動をしよう、そうしよう、読まれなくてかわいそうだから)

 

正直、ここ最近ブログから遠ざかった生活をしておりました。4、5月なんて本当に子ども関係で忙しすぎて、もうブログのブの字も頭になかったのですが、私生活が落ち着くと、やっぱり文章を書きたくてたまらなくなって、そして誰かに読んでもらいたいな…と思うわけです。

 

でもね、やっぱり文章を書くのって本当に難しい。自分の表現力のなさ、無知さに絶望すら感じる。これは書き続けなければいけない、アウトプットの練習をしないといけない…と奮起して、このあまりにも密かなる6月連投事件が起こったわけです。

 

というわけで、ちょっと初心に戻って、ブログを頑張ってみたいなと思った次第です。本当に気まぐれで飽き性で、どうしようもなく根気のない私ですが、こんな私でも何か一つの事を努力してみたいと思っています。

 

やっぱり、読者さんに向き合って、記事を投稿し続けているブロガーさんはすごいです。いやマジで。

 

…とここで話が変わりますが、「アウトプットの練習をしないといけないなあ」なんてぼんやり思っている矢先、昨日ネットサーフィンをしていると、一条真也(いちじょうしんや)さんという方を知ることができました。

かなり無知な私なので、本当に初めてたまたま宮沢賢治の「心象スケッチ」についてネットで調べていたらネットの世界でお会いできた次第です(もちろん一方的な意味で)

 

…が、本当にいや、自分に知らないだけで、本当に凄い方ってこのように存在するのですね。度肝を抜かされました。インプットとアウトプットのすごさ…ちょっと私という存在の非力さに打ちのめされました。…井の中の蛙ってこういう事をいうんだな…ハハハって感じでした。「私結構、頑張ってここまで歩いてきたつもり♪へへへ」って思っていたのに、ジェット機で月に行ってるよあの人…って感じ。

少し調べただけですが、なんだか圧倒されて、目まいがするほどでした。

↓このようなホームページを運営されています。

 

www.ichijyo-bookreview.com

 

ichijyo-cinema.com

 

なんだか、見た目はお堅い感じなのに、「鬼滅の刃」や「聲の形」のような漫画にも精通しており…もう天晴!感服です。いや、知を愛するとはこういう事なのだな…と。ちょっと爪の垢を煎じて飲ませていただきたいです。

 因みに、過去に私の「鬼滅の刃」についても書いております(しれっと普及活動)

www.hiekashi.com

 

しかも、一条真也様は、はてなブログも過去にされていた(2013年まで?)みたいで、少し記事数を見たら・・・2011記事だと?!…やばい( ;∀;)

 

もう、何もかもが桁違いや。

 

…と驚愕して、疲れ果てた主婦が深夜に足も震えるほどのなかなかない経験を密かにしたので、この経験を誰かさんにも共感していただけたらと自分勝手に思います。

 

震えたあと、静かにインプットとアウトプットを頑張ろっと思った次第です。

 

最後にどうでもいいことですが、かなり久しぶりにパソコンを開いてブログを書きました(いつも携帯で書いて、そのまま投稿)が、やっぱり快適ですね。これからはなるべくパソコンで書こうそうしよう。そしてタグ機能って何ぞや?!となったのでとりあえずタグってやつをつけてみます。

 

 ・・・と久しぶりに「自分のノートつぶやき記事」以外の記事を書いてみたヒエヒエでした。

 

 

 

【スポンサーリンク】