悩みすぎな私の子育てライフ

1歳児と3歳児の子育ての経験を中心に。少しでも誰かの役に立てたら幸いです♪♪

【スポンサーリンク】

パンの街つくばの間違いなし!のおすすめのパン屋さん「クーロンヌ」

 

3歳児と1歳児の育児に奮闘中のヒエヒエです。

最近私の育児ストレスMAX状態だったので、大好きなパンを買いに行ってきました~(^^♪

 私パンが大好きなのです。そこで今日は私の大好きなパン屋さんについて紹介したいと思います。

 

「パンの街つくば」って知ってる?

 

 つくばって「パンの街」らしいです。引っ越してきて初めて知りましたが。

もーパン好きの私にとってはたまらない響き。

 

でも、なんでパンの街?

 

とふと思ったので、ネットで検索してみると・・。市をあげて普及活動を頑張っている模様。つくば市商工会という団体もあるみたい。

つくば市商工会のHP→パンの街つくば

そしてパン用小麦の「ユメシホウ」が開発されたのがつくばの研究所だったことも理由かもしれません。以下はユメシホウ誕生についての説明。

 

「地元産の小麦を使った安全・安心なパンが食べたい」という消費者の声に応え、2年前、関東地域での栽培に適したパン用小麦「ユメシホウ」が誕生。「パンの街つくば」を掲げる同市内のベーカリーなどにユメシホウを使ったパンが出回り始めた。

国内で生産される小麦はほとんどがうどん用で、特に関東地方の気候はパン用小麦の栽培に適さないとされていた。そのため、国産パン用小麦は北海道や東北地域でわずかに作られているだけで、多くのベーカリーは外国産に頼らざるをえない。

そんな中、つくば市の作物研究所小麦育種グループ上席研究員の乙部千雅子さんらは、温暖な関東・東海地域で栽培できるパン用小麦を開発しようと97年に研究に着手。関東の栽培適性があるめん用小麦「タマイズミ」と、製パン性に優れた育成系統を人工交配して選抜を繰り返すこと10年。2007年に品種登録にこぎつけ「地元産のパンが食べたい、作りたい―という夢が四方に広がれ」との願いを込めて「ユメシホウ」と命名した。

 

出典:ユメシホウ 〜 地産地消の夢広がる茨城生まれのパン用小麦 | 常陽リビンググルメ特集地元食材シリーズ

 

まあ、こちらの引用からだと、パンの街が先か、ユメシホウが先かわからないけど、とにかくパンはおいしいです。

うん!もうこの一言でいいじゃない! ということで説明はいいでしょうか?

 こんなパン好きにはたまらないパンの街つくば市。

パン好きな私も色々行きましたよ~。

いつかまとめて紹介したい!とずっと思っていましたが・・・。

もう我慢ができないので小出しに紹介したいと思います。

 

まず今回紹介したいのはつくばで色々とパン屋さんにいって私が定期的に来店しているこちらの店!!

 

クーロンヌ

 

f:id:hiekashi:20161209043720j:plain

 こちらのパン屋さんつくばに住んでいる人なら大体知っているというかなり有名で愛されているお店。

なんでここまで愛されているというと、コスパがいい。

この一言に尽きます。美味しいのにそれほど高くない。

なんやかんや言ってコスパですね。私みたいな庶民は。

つくばで有名で美味しいパン屋さんはたくさんあるのですが、値段が結構高い!!

観光でつくばに来るなら素材にとことんこだわりました!みたいな高級パンを食べてもいいのですがねえ。

定期的に!たくさん!安く!でもおいしいパンが食べたい!というわがままさんには最高のパン屋さんです。しかも素材にも手を抜かない!添加物は極力使わない。マーガリンでなくバターを使う!という頑張りすぎなパン屋さん、それがクーロンヌ!本当にすごい。

定休日は毎週月曜日と第三火曜日です。祝祭日は営業しているとのこと。

 

こちらのお店もちろん休日の昼には行列ができるのでお気をつけて。駐車場は広いですよ☆

 

 

店内はこんな感じ。

 

f:id:hiekashi:20161209043709j:plain

f:id:hiekashi:20161208172748j:plain

 

こちらの店の私のおすすめパンはビックチーズハーフ!!

チーズ好きにはたまらないチーズがゴロゴロ入ったハード系のパンです。食べ応え抜群なのに310円(税抜き)。おすすめです。

クーロンヌの詳細はこちらをどうぞ

クーロンヌつくば | パン工房クーロンヌ

 

 

クーロンヌのパンを食べる場所におすすめ「洞峰公園」

 

 

そして近くに洞峰公園というとても広くて魅力的な茨城県都市公園があります。

天気のいい日にクーロンヌでおいしいパンを買って洞峰公園で食べる。もう子連れには最高の日を過ごせること間違いなしです。

 

こちら洞峰公園の写真ですがこのようにレジャーシートを敷いて食べれる場所がわんさかあります。もちろんレジャーシートなしでも食事できる場所はありますよ。

 

f:id:hiekashi:20161208172715j:plain

f:id:hiekashi:20161208172733j:plain

こちら洞峰公園で食べるために買ってきたクーロンヌのパン(次女の持ってきたシロクマが紛れ込んでおりました。写真の撮り方が雑ですみません。早く食べたくて・・)

 

ダイナマイトコロッケ(300円)←税抜き

クリームチーズデニッシュ(200円)

ジュージュー焼き(190円)

ビックチーズハーフ(310円)

きのこグラタン(200円)

極みのクリームパン(160円)

動物ぱん(160円)

ミルキーフランス(180円)

 

全部で1836円(税込み)でした。私と夫と3歳児と1歳児でこの量で充分足りました。

心もお腹も満たされます♡

そしてたくさん食べた後は子供が思いっきり遊べるこのような遊具もあります。

f:id:hiekashi:20161208172643j:plain

 

f:id:hiekashi:20161208172659j:plain

 

ただ、駐車料金がかかるので気を付けてくださいね。以下参考になれば。

駐車料金:
1時間まで 100円
3時間まで 210円
4時間まで 310円
5時間まで 410円
6時間まで 510円
7時間まで 620円
8時間まで 720円
9時間まで 820円
10時間まで 930円
24時間まで 1,030円

 

 とても魅力的な公園です。詳細を知りたい方はこちらのHPをどうぞ

洞峰公園・赤塚公園:施設案内

 

 

まとめ

 

今回は私の好きなつくばのパン屋さんのひとつ「クーロンヌ」についてのレポでした。

実はクーロンヌのある道沿いでさらに洞峰公園に近い場所にもう一つのお勧めのパン屋さん「モルゲン」もあります。こちらのパン屋さんも人気店でおすすめです!!うっかり月曜日にクーロンヌに来てしまって閉まってた!!って場合はモルゲンへGO。その逆の場合もしかりです。

ちなみにモルゲンの定休日は木曜・第二日曜・最終水曜です。またモルゲンについても、おいおい紹介したいと思います。なにより洞峰公園に隣接しているので、洞峰公園目的で来られたのなら、すぐに行けます。

 

洞峰公園の北側に沿って走っている道路沿いにはモルゲン、クーロンヌと最高のパン屋さんがあるので、パン目的、パン大好きさんならこの道で間違いなしです。

 

しかもこちらの道沿いにはさらに「蔵出・焼き芋かいつか」やナポリピザで有名なイタリアンレストラン「アミーチ」まであるのでびっくりポンです。何だこりゃ!の道となっております。アミーチ行ってみたいなあ。

 

また、つくばのおいしいパン屋さんやスイーツなどについての食レポをぼちぼちマイペースにしていきたいと思うので、気長にお付き合いいただけたら幸いに思います。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

【スポンサーリンク】