悩みすぎな私の子育てライフ

3人の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

さよならカブトムシ。

この夏、カブトムシを子どもと一緒に飼った。

 

カブトムシについて私はあまり知らなかった。

 

ネットで調べたら、カブトムシって一年ちょっとしか生きないらしい。

 

成虫の姿で生きるのは、たったの3カ月ぐらいだ。

 

たった、一度の夏を生きて命が終わる。

 

なんだか、その儚さに、センチメンタルな気持ちになった。

 

カブトムシにとってはそんな気持ち、なんのこっちゃって話だけど。

 

私はこの夏、ピカピカのカブトムシを近くで何度も間近でみた。

 

夜になったらエネルギッシュに生き生きと動き回る姿も。

 

何度見てもカブトムシの形は美しくて、綺麗だった。体のこげ茶色の光沢はため息が出るほど妖艶に感じた。

 

そして、こんなに綺麗で美しい存在がたった3カ月ちょとしか保たれないことを不思議に感じた。

 

もったいないと思った。こんなにピカピカで美しい造形の存在がたった3カ月ちょっとで、動かなくなって、土にもどっていくなんて。

 

神様は一体何のためにこんなことをさせるのだろう・・・と。

 

虫かごの中のオスとメスは、夜になるとオスがメスを追いかけまわし、交尾をした。

何度も何度も。

 

夜になる度に活発に2匹は動きまわって、交尾をした。

 

その二匹は9月末に死んでしまったのだけれど、あんなに交尾したのに、メスは1個も卵を産まなかった。

 

いったい、彼らのあの夜の生き生きとした日々は何だったのだろう・・・と思った。

 

私の家にはもう、空っぽの虫かごしか残っていない。

 

あんなに細部まで美しい造形のカブトムシが、あの細部を機敏に動かしながら、忙しなく動き回っていたのが、奇跡のようだと感じだ。

 

あんなにも美しい造形のカブトムシは3カ月でなくなる。

 

だけど、また、違う個体のカブトムシは次の夏ごろに現れる。

 

カブトムシの造形、生態自体は失われない。

 

毎年毎年、あの美しい造形のカブトムシが現れては、同じように3カ月ぐらいで消えていく。

 

そうしながら、世界を彩っていく。

 

決してカブトムシは消えない。続いていく。

世界と絶妙に関わり合いながら。

 

本当に世界は不思議だと思った。

「いったい何のため?」

そんな問いもきっと無意味なんだろう。

「生き生きとこの世界に存在する」ってことだけで、多分おわりだ。

 

そして、それは人間も同じだと思った。

 

私はこつこつと地道に積み上げてきたものが、しっかりと秩序をもった「自分」になっている人間に愛おしさを感じる。

 

自分がやってきたことに誇りを持ち、悔いのない人生を送っている人間をとてつもなく美しくかんじる。

一日一日をキラキラと精いっぱい生きている人間が好きだ。

神さまに「この一日をありがとう」というように生きている人間が好きだ。

彼らは、「自分」という芸術作品を人生をかけて創りあげている。

周りが何と言おうと、自分を信じることのできる、知性と強さと、それを裏付ける経験をもった人が好きだ。

自分の生命エネルギーを精いっぱい発散して、自分を最大限に生かして人生を全うする人間が好きだ。

自分を愛してそのうえで周りを愛する人が好きだ。

 

人間はカブトムシとは違った美しさを持っている。

 

続いていくのは、「人間」という造形だけじゃない。

 

造形だけでない、目に見えない何かも一緒に、引き継がれ続いていっている。

そして何か大きいものを時空を超えて他の人間と一緒に創っていくことができる。

 

人間はそれができる。

 

人間にしかできない承継ができる。

 

人間にしかできないやり方で。

 

だから、やっぱり、人間にとって、人間が一番美しいのだろう。

 

そして、「美しい」という感情が、生きていう上で、自分が人生を歩んでいくうえで、重要な指針となる気がした。

 

自分が強く「美しい」と感じることは、きっと、自分が行きたい場所なんだろうと。

 

だから、その感情を大事に見守っていきたい。

 

 

 

【合わせて読みたい】

 

www.hiekashi.com

 

最高に幸せな瞬間に現れるもの

私は最高に幸せな瞬間を味わったことがある。

 
体も心も。
 
すべてが満たされた瞬間。
 
あ、私は今この瞬間、これ以上ないくらい幸せだ…って。
 
もう、これ以上の幸せな状態は存在しない…って。
 
だけど、その瞬間、私の隣には、ものすごい恐怖と絶望の影が同時に現れた。
 
ちょっとでも油断するとそこに吸い込まれるように。
 
そんなどこまでも落ちていく真っ暗な穴が、足元のすぐ隣にあるような・・・骨の芯まで冷たくサッと冷えていくような。
 
そんな残酷な無機質な闇の存在がふっと現れた。
 
これは、嘘みたいだけど、私の中では事実だった。
 
そう、最高の高さまで行ってしまったら、あとは落ちるしか道はないんだ。
 
それを体全身で感じ取った。
 
今の最高の状態を失うのがとてつもなく恐ろしく、この状態を失った自分はどうなってしまうのか?・・・想像しただけで目の前が真っ暗になる・・・と、とてつもなく弱い生き物になった気がした。
 
この時、あー麻薬の副作用に苦しむ人は、きっとこんな感覚なんだろうな…っと、なんとなく確信した。
 
すべては振り子のように高いところに行ったら、落ちるエネルギーも大きくなる。
 
欲しいものを手に入れたら、失う怖さも手に入れる。
 
こどもを授かった喜びを手に入れたら、失う悲しみも手に入れる。
 
振り子は常に揺れている。
 
時に高く激しく。
 
時に低くゆっくりと。
 
どっちも、生きているからこそだ。
 
エネルギーをもっているからこそだ。
 
振り子が静止する時。
 
それは、即ち、「死」を意味すると思う。
 
周りの環境に影響され、惑わされながら、翻弄されながら・・・オロオロしながら生きていく。
 
疲れ果ててしまう時があっても、絶望に打ちひしがれるときがあっても
 
それでも、やっぱり、それは人生を美しくしていると思う。
 
最悪な状態があるってことは、逆の最高の状態もあるって事だから。
 
色々な色があって、世界は美しく生き生きと輝いていると思う。
 
吸い込まれそうな真っ暗な穴があるなら、眩しいほど光り輝くひらかれた空があるから。
 
・・・でもやっぱり、まわりにふりまわされてばかりじゃ、きっとよくない。
 
自分で、振り子の動きを調節するんだ。
 
周りによってではなく、自分が振り子の動きを管理する。
 
 
幸福と快楽とは大変異なった二物で、隷属と自由ほどの相違がある。
 

 

この言葉はアランの『幸福論』の「行動すること」という項に書いてあった言葉だ。
最近、アランの『幸福論』は今の私こそが読むべき名著だと信じてやまない。
今の私の中にズキズキ響く。子どもの時の私でも、今より少し若い頃の私でも、この本の内容が入ってくる入り口は開かれていなかった。今の私だからこそ、アランの文章が私に涵養できる。じわじわしみこんでいく。
 
とにかく「行動すること」という項は私にとって重要なことが高密度に詰め込まれている。
 
以下、長いけれど「行動すること」の私の大好きな部分だ。
 
人間は自分からやりたいのだ、外からの力でされるのは欲しない。自分からすすんであんなに刻苦する人たちも、強いられた仕事はおそらく好まない。だれだって強いられた仕事は好きではない。だれだって身にふりかかる不幸はいやだ。止むを得ないと感じてよろこぶ者はいない。しかし、自分の意志で苦労をつくり出すやいなや、ぼくは満足する。ぼくはこのようなプロポ(哲学断章)を書いている。「そりゃ、骨の折れる仕事だ」と、文筆で食っている者なら言うだろう。ただ、だれもぼくにそれをやりなさいとは言っていないのだ。自分が好きでやっているこういう仕事は楽しみであり、もっと正確に言えば、幸福である。ボクサーは逃げまわって受けるパンチはいやだが、積極的に出て受けるパンチは好きだ。戦いが自分の意志で行われるならば、困難な勝利ほど楽しいものは何もない。ほんとうのところ、人間が好きなのは力[可能性]にすぎない。ヘラクレスは怪物どもを探し求め、退治することによって、自分の力を自分自身にあかししている。しかし、彼が恋におちいったとたんに、自分が奴隷状態にあることを感じ、快楽の力を知った。人間はみんなそういうものなのだ。だからこそ、快楽は人間を憂鬱なものにするのだ。
 

 

そう、私だって、誰かに強制されて、「私の文章」を書いたことなんて一度もない。
わたしは「私の文章」を書くことを自分が好きでやっている。
 
そう、誰かに書けって言われて書く文章は、もうその時点で「私の文章」ではなくなるんだ。
 
山登りが好きな人が、身体も精神的にも苦しいことをやってのけるように、私も文章を書いていて苦しいこともあるけれど、それは好きでやっている労苦だ。
 
その労苦がある分、それを乗り終えて自分が望むものに到達できた時の快楽はひとしおだ。
 
幸福と快楽は全く異なるものだって、私はきっと理解できた。
快楽の中に幸福はない。幸福のなかには快楽はあるだろうけれど、その快楽はさまざまな色のうちの1つにすぎない。
 
それを頭でしっかりと理解でいているなら、きっと私は快楽とその反動を怖がる必要なんて全くないってわかる。
 
怖がらなかったら、きっと快楽に支配されることはない。
 
だから、私は自分だけの幸福をつくれるって信じてる。
 
 
 
 
 

子育て母の密かな夏休みの思い出日記

久しぶりのブログ記事投稿です。

 

やっと子ども達の夏休みが終わり、やっと、家の中での一人の静かな時間がやってきた。

 

やっぱり一人の時間って最高なのですよ。

 

だからって、別に「子育ていやだ!」っていう極端な話ではなく、適度な一人時間の確保は大事ってこと。

 

「自分としっかり向き合える時間」ってこんなに大事なんだなって、ひしひしと感じております。

 

子ども達が夏休みの間、ブログから完全に離れていたのだけれども、なんていうか、全然平気だった。

 

ま、私にとってブログはその程度の存在になってしまった?・・・なったのだろう。

 

でも、文章を書く習慣がなくなってしまっては文章を書く能力がどんどんなくなってしまうので、書かないとなって思う。だから、またぼちぼちブログを書く習慣を始めたいと思う。

 

ということで、静かになった一人時間に静かにそっとパソコンで久しぶりにはてなブログを立ち上げた。

 

この夏休み・・・長いようであっという間に終わった夏休みに私の中で密かに心に残った思い出を密かにここに書いて残しておこうと思う。

 

なぜか青空文庫で中島敦の『山月記』を読んだ

何でだろう・・・?何故かふっと読みたくなった。

 

高校生のときに国語の授業でもちろん『山月記』には触れていたのだけれども、今読むと、当時読み取れなかった心の描写が読み取れるようなった気がする。最近、本を読むときに、本の中の登場人物の視点から読むのではなく、その話を書いた著者の心境に思いを馳せて文章を読むようになった。

 

その文章の作者が創り出した世界観にどっぷり浸かって味わうのではなく、今は亡き中島敦の当時の心境を感じながら読む・・・という読み方を今の私は楽しめれるようになったと思う。

 

そのように読むと、当時の熱くどこか切なくやるせない中島敦の気持ちが痛いほど伝わってきた。

 

やっぱり、人生経験を積まないと見えてこない世界があるんだなって思った。

 

www.aozora.gr.jp

 

年を取ってから読むと、まるで昔は雲の上の存在だったような偉人をとても身近に感じることがある。なんだか、偉人の人間臭さに気が付くようになる。自分が偉人たちの享年と近づいてきているからだろうか。

偉人偉人と言われる人たちも、結局は一人ぼっちの同じような苦悩をもつ人間なのだな、と気づく。・・・と同時に、自分も同じぐらい彼らと生きてきたはずなのに、このような偉業を成し遂げた(名作を残した)と考えると、なんだか立ちくらみを起こしそうになる。

そこまで彼らが歩いてきた道のりが長すぎて・・・。

 

とにかく、『山月記』は創作者の苦悩を痛いほど表現していると思う。

中島敦つながりで、泉鏡花を知った

中島敦つながりで泉鏡花を知った。

中島敦が、泉鏡花の文章を「日本人で日本語を知っているのなら泉鏡花を読まないともっといない!」と絶賛していたらしいからだ。

 

www.aozora.gr.jp

 

へーそこまで、中島敦が絶賛するのなら読んでみるべ、と軽い気持ちで読んだのだけれども、今の私にはその良さをあんまり理解することができなかった。要するに理解するには無知過ぎたってことだ。うん・・・難しい用語が多すぎてわからん・・・。

鏡花の最後の作品『縷紅新草』(るこうしんそう)と泉鏡花の作品では有名らしい『外科室』を青空文庫で読んでみたのだけれど・・・うん・・・あまりよさを理解できませんでした。きっと私の日本語への愛が足りないのでしょう。

とにかく、泉鏡花が日本語を心から愛しているのはとても理解できました。

泉鏡花・・・いつかリベンジしてみたい。

 

www.aozora.gr.jp

 

www.aozora.gr.jp

ja.wikipedia.org

『ワンピースフィルムレッド』が意外とよすぎて・・・辛い

 

いきなりテイストが変わり過ぎて書いている私もびっくりしているのだけれど、最近話題の『ワンピースフィルムレッド』をあまり期待せずに観に行ったら、けっこう心に響いて色々と引きずるはめになった。

 

きっかけはたまたまイオンで買い物しているときに流れてきた『新時代』に心奪われたから。


www.youtube.com

 

正直、その時この曲を聴くまで、なーーーーにも知らなかった。

ただ「むっちゃいい曲だな、家に帰って何の曲か調べて見よ。『新時代』ってよくいってたから、『新時代』『歌詞』で調べればでてくるだろ」

って家で調べてワンピース映画の曲って知ったのがきっかけ。

 

まさかの曲名『新時代』だったのは笑った。Adoが歌っているのも知らなかった。Adoについては「若い子が『うっせぇうっせぇ』って言ってるなあ」・・・っていうぐらいの認識だったので、こんなに歌うまいんだなあ~っと感心した。あと、この『新時代』という曲を私が好きな中田ヤスタカが作曲しているから興味をもって、次の日に娘と一緒に観にいった。

 

もともとワンピースは普通に好きで、フランキーが仲間になるところぐらいまでは読んだ。だけど、だんだん自然と離れいった。

 

そんな「ワンピース、まー全部は知らないけれど3分の一程度は知ってる」レベルの私が観ても十分話は理解できる内容だった。事前に観た映画レビューでは賛否両論あったけれど、私は完全に「賛」側。つまり、良かった。いや、すごくよかった。

 

昔のワンピースを知っている私がこの映画を見たら、何だか感慨深かった。どこか懐かしい昔と、今と、もうすぐで訪れる未来がごちゃ混ぜになって私に降りかかってきた。すごく長い間漫画を描き続けてきた尾田栄一郎は本当にすごい道のりを歩いてきたんだなって。しかもまだ歩く熱意は失われていない。いや、これからさらにその熱意を激しく燃やそうとしている。この映画で、そんな尾田栄一郎の今の心境を垣間見れれる気がした。

 

上で『山月記』の読み方について述べたみたいに、その作品の世界にどっぷりとつかるのではなく、俯瞰して、ワンピースの映画の製作者側、つまり尾田栄一郎の立場を考えてこの映画を観てみると、なんとも奥が深い映画だと思った。

 

わたしは昔ほど、創作物を論理的に見ることに価値を置かなくなった。論理的にとらえて、勝手に白けてしまう程、ばかばかしくもったいないことはないと気づいたから。

 

製作者が何を表現したかったのか・・・を考えると、とてもとてもこの作品は面白いと思う。

 

尾田栄一郎はなんて自分の夢に忠実でまっすぐで、ものすごく努力の人なんだ・・・とただただ、圧倒させられた。尾田栄一郎の偉大さを再確認した映画体験でした。

 

www.onepiece-film.jp

まとめ

 

以上、私の夏休みの密かに印象に残った出来事でした。

なかなか、色々な経験ができた夏休みだったと思う。

よく、「子どもの夏休みは親にとっては地獄」なんていうけど、まーその気持ちも分からなくもないけど、親も何かをやろうと思ったら、子どもと一緒に得られることが多いいい夏休みにできると思う。

 

まー何事も自分次第ってことだね。

 

夏休みが終わって、また新たなスタート。しっかりと、毎日を生きていきたい。

 

 

 

【スポンサーリンク】