悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

嫌いな人は嫌いなままでいい

私は嫌いな人がいる。

「嫌いだ」って認めたくなかった。

嫌いって認めてしまうと、自分が愚かな気がして。

「嫌い」って思う自分は情けなくて、ひどい奴だって。

でも、「嫌い」って素直に認めることは勇気がいるし、大事なことだと思うししょうがないことだと思う。

ただ、「嫌い」だからって傷つけていいかどうかは別次元の話。

人は人を好きにもなるし、嫌いにもなる。

そして、その人を嫌いになる自分をせめなくてもいいんだ。

嫌いになることは自然なこと。

嫌いになる運命だったんだ。

なんでその人を「嫌い」と思うのかを考えていったら大体

「嫉妬」「劣等感」

に繋がるように感じる。

そう、うらやましいんだよ。
どこかで。

自分がもっていないものを当たり前のように持っているから。

当たり前のように持っているくせに、その恩恵に全く気づいていない。

むしろ、雑に扱っていたりする。

そして、無邪気に笑顔で自分に近づいてきたりするんだ。

傍から見たら、「すごくいい人だし、嫌いな意味がわかんない」

っていうだろう。

わかってるんだよ、そんなこと。

だからこそ辛い。

自分の嫌な部分がかき乱されるのが、苦しい。

自分がとてつもなく惨めな生き物のように思える。

そして、自分がこんな苦しい思いをする原因となる「嫌いな人」がもっと憎くなる。

そう、離れていれば、私の生活圏に入ってこなければ、こんな思いにならなくてすむのに…。

だけど、何故かそんな人に限って腐れ縁だったりする。

離れよう、離れようとしても、何故か運命の糸は私を離さない。

あーきっとこれは神様が与えた試練なんだな。

自分の嫌な部分、劣等感から逃げるな、闘え!…っていう?

わかんないけどさ。

もう、嫌いになる運命なんだよ。

それは、時が解決してくれるのを待つしかない…のかもしれない。

例えばさ、すっごい美人な妹、不細工な姉の姉妹がいたとする。

不細工な姉はさ、美人な妹のせいで、より自分の外見に劣等感をもつ。

親戚の誰もが、妹をみて「美人ねー!」って叫ぶのに、その次に隣にいる私をみた…あのなんとも言えない表情。

なんで、私の妹はこんなに美人なのに、私は…なんでこんな惨めな思いをしなくてはいけないの?憎い、妹の存在が憎い…。私の人生に常につきまとって、こんなにも苦しめる「妹」が嫌いだ。

って感じる不細工な姉を誰が責めれる?

え〜あんなに性格も素敵で美人な人を「嫌い」って言うなんて間違ってるよ?
って責めれる?

例え、妹の性格も非の打ち所がないほど良くったってさ、そんなの、姉の「嫌い」っていう気持ちには全く関係ないんだ。

ただ、ただ、あなたの存在が私にとって苦しい。

そう、みんなが納得する理由なんてないんだよ。

そんな理由がないから更に苦しい。

私にしかわからない理由なんだ。

だから、「嫌い」でいる正当性を探すために粗探しに夢中なんだ。

あいつは、実はこんなこと、あんなこと、更にこうこうで、あーだ。

だから、最悪な人間で「嫌い」で当然なんだ。

ってね。

そーなんだ。それは酷いね。
それは嫌いになって当たり前だわ。

でしょー

わかってくれたー?

あははは。

って自分の「相手が嫌いな本当の理由」に蓋をして、見ないようにして安心したいだけなんだよ。

それでは、何も解決しない。

こんな事をしても自分が汚れるだけ。

「嫌い」な本当の理由に向き合ってコンプレックスを克服しない限り。

運命の糸はどこまでも、絡まったままで、離してはくれないんだ。

例えば、不細工な姉の場合、いくら美人な妹が羨ましくて、たまらなくても、妹みたいな外見になるのは無理な話。

欲しくても絶対に手に入らないものなんて沢山ある。

だったら、欲しいものを手放すのも勇気だ。

第一段階はまず、なんで「嫌い」かという本当の理由に向き合うこと。

そして、その原因を克服する事に集中するんだ。

そして、今の自分なら手に入るものを得るためにひたすら努力する。

外見の美醜なんか、とるに足らないちっぽけなことに思えるようにさ。

ベクトルを変える、または世界を変えるんだよ。

でもさ、どうしても、嫌いな人と時を共有しなければならない忍耐の時期もあるわけで。

もう、そういう時は、「無」になるしかない。

大体さ、「嫌い」って感情が強く湧き出るのは「自分」に集中しすぎているせい。

「自分は、自分は」ってなっているんだ。

自己中心な世界に執着している状態。

あいつがいたら自分が苦しいからって。

自分を強く感じすぎている。

スケールが狭くなり過ぎている。

だからね、

どうしても、嫌いな人と一緒にいなくてはいけない状況が続いたら…

「あらゆることに自分を含めない」

そう!もう、あれこれ考えずに
「ボケ〜〜〜〜〜〜〜〜〜」っとしとけばいいんです。

宇宙から地球を眺めているようなスケールでさ。

そしたら、自分というちっぽけな人間が感じる「嫌い」っていう感情なんて、どうでもよくなるからさ、きっと。

ほんと、ここまで出来たら聖人だけどな!(笑)

私はちっぽけな自我の強い愚かな人間だから、まだまだ、「嫌いな人」の運命の糸はしばらく絡まったままだろう。

だけど、「愛しい人」に繋がっていた運命の糸もあった訳だから

「嫌いな人」の運命の糸も、多少は受け入れないと割りに合わないのかもね。

ポジティブに考えると、「嫌いな人」ってさ、自分のコンプレックスを気づかせてくれる存在なんだよね。

もしかしたら、自分次第で、一番自分を成長させてくれる存在なのかもしれない。

だから、嫌いだけど、感謝はするべきなのかな。

その存在を。

きっとね、世界を美しくしているのは、いろいろな色の運命の糸があるからこそなのだから。

【スポンサーリンク】