悩みすぎな私の子育てライフ

3人の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

宇多田ヒカルも魅了したKOHHっていう凄いラッパー知ってる?

最近すごいラッパーを見つけた。

きっかけは、こちらの宇多田ヒカルの曲なのだけれど↓

 


www.youtube.com

 

私、結構宇多田ヒカルの曲はたくさん知っているのだけれど、この曲は本当に本当に名曲だと思う。

マジで天才だと思った。

 

で、この曲でfeaturingしているのが、KOHHっていう凄いラッパーなのです。

私からすると、ラッパーというより芸術家ですね。彼は。

 

この曲の彼との共演は、宇多田ヒカルからのオファーだったのが凄い。

宇多田ヒカルが彼のファンだったことから、実現したらしい。

 

そんなわけで、宇多田ヒカルがファンって…いったいどんな歌手や?という単純な好奇心から、彼の曲をyoutubeで聴き漁ったですが、確かに半端なく凄いわ。

 

なんていうかね、すっごく歌詞が純粋なんですよ。普通なら発するのをためらう言葉も素直にズバッと言っちゃう。飾らない。直球って感じ。だから、上品すぎる人や子供にはNGな感じですね。いや、ホント聴くの気を付けて…。

 

正直、私とは住んできた世界が違い、日常生活では全く接点がないタイプの人間なのですが、彼の曲を聴いていると、生きてきたバックグラウンドが違えど、根本には同じよう感情が流れているのだな…と再確認する事ができます。人間全く違うように見えて普遍的なものって流れているんですよね。

 

そんなことを特に感じたのが「Business and Art」って曲。

 

歌詞の「お金じゃないアート」や「お金のために生きるなら死ぬ」って…いや、凄い歌だわ。

まー結構過激な言葉もあるのですが、なんか私の中で宮沢賢治と根本の精神の共通性を見出しましたよ。いや、冗談ではなくホントに。

 

宮沢賢治も『農民芸術概論綱要』で「職業芸術家は一度亡びねばならぬ」って書いているのですが、きっと芸術に対する熱い想いはKOHHも宮沢賢治も同じですよこれ。

 

芸術家って現実とアートへの熱い気持ちのどうしても相反していく心境の葛藤に苦しんでいるのだなあって。

 

是非、気になった方は「Business and Art」検索して聴いてみてください。この曲オフィシャルではyoutubeでなかったんだよな。

 

とにかく、魂からの声で歌う事の出来る類まれなるすっごい歌手だと思います。しかもマライア・キャリーとも共演したらしい。いやー凄いね。

 

 

残念ながら、彼は2020年に引退宣言をしており、今はKOHHという名義では活動していないみたいなのですが、彼の曲は今でもなお輝き続けていると思います。

 

 

 

www.youtube.com

 

【おすすめ記事】

 

www.hiekashi.com

 

自分の無駄遣いは周りの無駄遣いに繋がる

自分を理解できず、見失うことは、自分の無駄遣いに繋がる。

 

無駄なく自分の生命をつかってあげないと。

 

無駄遣いはよくない。自分に対しても。他人に対しても。

 

自分を有意義に世界に作用してあげる。

 

それはみんながみんな官僚みたいになるってことじゃなく。

 

それぞれの最適な役割をもつってこと。無職、有職も関係ない。

どんな役割だって、本人がイキイキと無駄なく生命エネルギーを燃やせれているなら、それが正解。

 

無駄なく生命エネルギーを有意義に消費できるのは、秩序がしっかり整っているからだ。

 

秩序が整っていないのは、浪費、 無駄遣いにつながる。

 

秩序の崩壊。

 

それは、生命エネルギーがどんどん無駄に流れていく。

 

秩序は時間をかけて時間をかけて「愛」をもって築いていくものだよ。

 

1日なんかで作れるもんじゃない。

 

秩序を破壊する行為は「愛」ではなせない。「増悪」をもってなすんだ。

 

肯定的な関心ではなく、否定的な関心でなすんだ。

 

「もうっ!えいっ!こんなもの!」グシャ・・・ってこと。

 

秩序の破壊は、生命エネルギーを無駄にドブドブ垂れ流すことに繋がる。

 

それはなんだか、底の見えない真っ暗な穴に吸い込まれていくように、虚無で、どこまでも冷たくて・・・なすすべがなく立ちすくむような・・・真の恐怖と絶望だと思う。

 

そんな秩序の破壊を導くきっかけのキーワード。それは、無関心。殻に閉じこもる。不信。タナトス。リセットボタン。積み上げたものを踏み潰す。諦め。断念。愛不足。自暴自棄。

 

それらの爆弾のような塊が「戦争」という形で現れる。

 

そんな破壊行為による秩序の崩壊のあとに訪れるのは「無」だ。

 

破壊行為はリセットボタンを押すようなものだ。

 

「無」の状態を望んでいるからこそ、そのボタンを押そうと思うんだ。

 

平和じゃないと、そこに創造なんてできないよ。

 

平和だからこそ、そこに創造ができるんだよ。

 

創作活動ができるんだよ。

 

何かが壊されている間に、そこに新しいものなんて作れない。

 

ボロボロ何かが崩れていっているのに、そこに新しい何かなんて積み上げれない。

 

今まで作っていたものの上に更に積み上げるか、無にして全く別の新しいものを積み上げるか。

 

創造するにはこの二つしかないんだよ。

 

そして、後者は物凄い無駄遣いなんだ。

 

だからね、みんなが一人一人自分を大切にしなくちゃ。

 

精神や身体が健康じゃないと、やりたいことなんて思いっきりできない。

 

精神や身体の小さな綻びを放っておいて、不摂生な生活を続けていると、いつか取り返しのつかないことになる。

 

悪くなった部分をしっかり労らないと。ないがしろにせずに意識しないと。

意識して修繕する。そのあと創造すればいい。

 

精神も身体も健康が1番だから。

 

そこが駄目になると、創造なんてできなくなってしまう。

 

そして、創造し続けたいのなら、どんなことがあっても、自分で自分を破壊する行為は避けないと。身体も精神も。

 

破壊は自分の無駄遣いに繋がってしまう。

 

自分が今まで、時間とエネルギーを費やして積み上げてきたものを破壊するなんて・・・そんなのできる限り避けるべきだ。

 

ただでさえ短い人生を、さらに短くする意味はどこにあるのだろう。貴重なささやかな命を無駄遣いするなんて。

 

自分を大事に大事にしてあげること。

それは、自分本位ってことじゃなく。

自分を大切にしないと、自分の秩序が徐々に崩れていくから。

 

それは周りをいつか巻き込んでいく。エネルギーの無駄遣いを拡大していく。

 

ボロボロと少しずつ崩れて、そのうち崩壊の進行に歯止めがかからなくなって、自分と周りの人間がワーワーと修理にあたふたと走り回ることに繋がる。

 

だから、自分の周りの人間のためにも、もちろん自分の為にも自分の無駄遣いはしないようにしないとね。

 

自分を大切にすることは、周りの人間を大切にすることにも繋がるんだよ。

 

自分を大切にせずに、周りを大切にすることなんて無茶だからね。

 

そんな無茶を一人でずーーっとし続けて、とうとう力尽きて辿り着く場所が「自殺」なのだと思うよ。

 

それは、とても悲しくて、やるせない。

 

どんな自分でも、許してあげて、認めてあげないとね。

 

どんなに周りからみて情けなくても、自分だけは自分を愛してあげたらいいと思う。

 

自分を苦しめるプライドはそっと手放せたらいいと思う。だけど、手放せないからこそ苦しいのも分かる。だから、ただただ「自殺」はやるせない。

 

【おすすめ記事】

 

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

 

私の「愛」についての今の解釈

「愛」の流れは「向き合うもの」と「同じ方向を向くもの」の二つの種類のものがあると思う。
「向き合うもの」は満たし合う。「同じ方向を向くもの」はともに進むことだ。

向き合う愛は閉鎖的だ。

大体が二人で完結する。

わかりやすい例が、お母さんと赤ちゃんの愛。

向き合って、お母さんが赤ちゃんに与える。そして赤ちゃんは天使のような笑顔を返す。

恋人同士も向き合った愛の流れだ。

この愛の流れは悲しいことに、閉鎖的だから限りがある。

どっちも満たされればそれ以上はない。

愛はエネルギーだから、どちらも満たされたなら、行き場をなくしたエネルギーは次なるゆく場所を求める。

その次の段階の愛の流れがもう一つの愛の流れだ。

もう一つの愛「同じ方向を目指す愛」

親子でいうと、赤ちゃんが幼児になると、一緒に砂場遊びをしたりする。一緒にお絵描きをする。一緒におままごとをする。

一緒に同じ方向を向くことだ。

一緒に美味しいものを食べる。

一緒に楽しいアニメの話をする。

さらに、子供は成長すると同じ方向を親でない誰かと向き、そして向かうようになる。

そうなればもう親から自立したのも同然だ。

恋人でいうなら、夫婦になって二人が目指す同じ未来に向かって歩む事かもしれない。
 
だから、同じ方向を向くというのはとても大きなエネルギーの流れにもなる。

同じ方向を向く愛の流れの根幹はなにか?

それは共感、共鳴だと思う。

より広範囲な共感は大きな力を生み出す。

単純に人数が多くなるから。

エネルギーは同じ方向に向かう人数が多いほど大きいものとなる。

芸術作品は、その共感を時代を超えて媒介するものだと思う。

即ち愛を媒介するものだ。

より優れた芸術作品はより普遍的にその愛を媒介することが出来る。

そして、大きなエネルギーの流れを作ることができる。

広範囲な共感。

それこそが、何か大きな事を成し遂げるキーワードな気がする。

共感に必要なことは、リアルな経験しかない。本当の意味で実体験ほどいい学びはない。そしてタイムリーな事だとも思う。

いくら戦争の悲惨さについて共感したくても、実際に経験した人以上に共感することは出来ない。

戦争に対する憎しみや怒りは、当事者ほど強く持つことはできない。

その気持ちに共感できる同志が多い時にその気持ちに対する動きは大きくなる。

そして、その思いを表現する手段が必要だ。

手段が難しい。政治活動やデモ活動みたいなのが、ド直球な手段の様に思う。

そんな「今」に焦点に当てる手段ではなく、時代を超えて、思い、すなわち「愛」を媒介できるものが「芸術」だと思う。

しかし例え、素晴らしい手段で素晴らしい芸術作品をつくったとしても、誰にも見つけられないこともある。

本人が亡くなったあとで、その作品の価値が認められる例なんて山ほどある。

だけど、真に素晴らしいものは、誰かが見つけだすものだと、私は信じたい。

不安な人はエネルギーの強い流れのところを目指せばいい。

みんなの想いが同じ方向を向いている強い場所。

そんな場所を見つけていけばいい。

向かうべき場所が定まっている人は強い。

何故なら力が分散しないから。

宗教は愛のエネルギーを同じ方向に向ける仕組みだ。

同じ思想の元、みんな同じ方向を向いている。

だから科学も一つの宗教だと聞いたことがあるが、そういうことかもしれない。

大人数が同じ方向を向くための思想の仕組みが宗教なら、科学もその一つだ。

大きな流れの一部になりたい。

大きな川の一部になりたい。

小さい川なんて、弱々しくて不安定だ。

だけど大きい川なら、安定している。

枯れる事はない。

無駄死にすることはない。

だから安心したい人はみんな大きな川へ行く。安定したいから。

だけど、エネルギーの流れは変化する。

台風みたいに。

いくら大きくなってもエネルギーを発散してしまえば、なくなってしまう。

エネルギーは高い場所から低い場所へ流れる。

今のるべき流れは大きくてもすぐに消えるような台風じゃない。

これから大きくなっていくような流れだ。

時代を読めなければ、その流れにはのれない。

俯瞰的に物事を正確に捉えれる事が、なによりも大事なのかもしれない。


【おすすめ記事】

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

www.hiekashi.com

【スポンサーリンク】