悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

周りの目を気にしすぎるのはもうやめる。って話

人生楽しまなきゃ損だ。

年を重ねるにつれそう思う。

昔は時間なんか、いくらでもあって有り余っていらない!ってぐらいな気持ちだった。

でも、私ももう子供が3人もいるいい年こいた大人。

ここ数年で身近に「死」を感じる機会が多かった。

祖父の死。
友人の死。


祖父は老衰での死だった。

死の2日前ぐらいに病院にお見舞いに行った。

意識はあった。

だけど、目をパカーっと開いていて、口は時々動いて、何か言っているけれども、何を言おうとしているのかはわからなかった。

ずっと祖母のてをにぎっていた。

まるで必死に助けを求めてもがいているようだった。

殆ど動いていないけれども。

その様子をみて、なんだか、生きていて必死にどーでもいいことに悩んで気を揉んでいる自分が、すごく贅沢者のように思えた。

祖父にとっては、もう言いたいことを発することもままならない。

普通に話せて歩いて食べて、いこうと思えばアメリカにだって行ける自分がなんだか、すごい大富豪のような気持ちになった。

「金」を沢山持っているって話ではなく「可能性」を沢山もっているって意味で。

今の私はなんでも出来るじゃん。

その時はそう思った。

周りの目を気にしすぎて、したいことをしないのはアホみたいだ。

もう私はどうどうと生きたい。

我慢も必要だけど、我慢しすぎも馬鹿みたいだ。

今夢中になっていることは「今」夢中になっているのだ。

夢中になっているうちに色々すればいい。

もしかしたら、その「熱」はすぐに冷めてしまうものかもしれない。

鉄は熱いうちに打て

この言葉を体に刻みたい。

美味しいものを美味しいと感じるうちに食べる。

食べれる歯がある内に。
食べれる舌がある内に。
食べれる胃がある内に。


やりたい事をやりたい内にやる。

できる内に。

まぁ、後々身を滅ぼす内容は…

本人がそのリスクを負う覚悟があるのならば、私はしてもいいと思う(リスクを負う事を全く予測出来ずにするのは唯の愚か者)

とにかく、もう、うだうだ言い訳をしてしたいことをしないのは馬鹿みたいだ。

将来のため!将来のため!とやりたくない仕事をして金をコツコツ貯めて、全く使わず死んじゃう。

そんな人生に憧れる?

もちろん将来は大事だ。

でも今の方がもっと大事だ。

お婆さんが髪をピンクに染めたっていいじゃない。

妊婦がハイヒール履いたっていいじゃない。

韓流アイドルに夢中になってもいいじゃない。

タバコが好きだっていいじゃない。

自分で責任を取るんだから。
あなたじゃなく、私が取るんだから。

周りのうだうだ言う声なんてどうでもいいじゃない!

あなたはあなた。

私は私。

あなたが満足ならそれが正解。
私が満足ならそれが正解。

それだけ。

あなたはそう思うかもしれないけれど、私は違うんだ、って軽い感じでいいじゃない。

確かに真剣に受け止めないといけない声もある。

でも、自分の事を本当に考えてくれて、愛のある言葉を真剣にくれる人がどれだけいるというのだろう。

そんなの本当に稀な声で、大体が「やっかみ」からだ。



そんな声に惑わされるな!

どうどうと命を燃やしたい。

私の儚い友の死を少しでも無駄にしないためにも。


www.hiekashi.com



生きてるだけで儲けもん。

私は精一杯生きてやる。

これからは後悔しないようにやりたいようにやっていく。



人生の節目の年にこんなことを考えたヒエヒエでした。

【スポンサーリンク】