悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

孤独な人は趣味を楽しめない?

趣味って何?

いきなりな問いかけですみません。
でも、なんだかよくわからなくなるのです。

絵を描くことが趣味。
手芸をすることが趣味。
文章を書くことが趣味。
本を読むことが趣味。

でもさ、私は昔から、「趣味」というものが何だか苦手だった。

何かに夢中になれば、一人ぼっちの世界に深くずぶりずぶりと沈んでいくようで怖かった。

本を読むのだって、手芸をするのだって、たった一人ですることはとてもとても続けれなかった。

しばらくは続く。だけどすぐにやめた。

孤独に勝てなかった。

要するに私は昔、孤独だった。共有できる人がいなかった。

「趣味=楽しい」になるのは、相手がいてこそな気がする。

本を読んで、その内容をどこかしらで共有できたら楽しい。

手芸で何かを制作して、誰かにみてもらったり、プレゼントしたら楽しい。

文章だって、一生懸命書いたら、やっぱり誰かに読んでもらいたい。

やっぱり、人は孤独には耐えれない。
すごく強いハートを持っていないと。自分は孤独じゃないという自信がないと、趣味にたった一人で没頭なんてできない。

寧ろ、たった一人で、趣味に没頭している人なんて存在するのか?

いや、「私は一人で釣りをするのが趣味です」っていう人もさ、まさか誰にも話さず、誰とも関わらずにしている人はいないよね?

たまたま横にいた釣りをしている人とかと話したりはするでしょ?

絵だって同じだ。

絵を描く時は一人だ。

だけど、一生懸命絵を描いて、誰かに見てもらいたくない人なんている?

趣味は、誰かと何かを共有したい気持ちの表れな気もする。

自分だけが抱いている感情を文字に表して、自分以外の人に少しでも伝えたい。できたら共感して欲しい。

自分が感じている世界を絵に表して、他の人にも感じて欲しい。

自分が作り出したものを、自分以外の人と共有したい。

自分という閉鎖した世界で完結するだけなんて、虚しい。

自分という枠からでて、他人と繋がりたい。

私はブログが趣味だと今のところ思っている。

やっと、大人になって孤独に強くなったから「趣味」というものを心から楽しめる気がする。

ブログで、本来なら私の中だけで渦巻いていた色々な感情を、吐露している。

それは結構爽快だ。

私しか知らない、私の頭の中の事を、ブログという手段を通じて、私以外の人の頭の中にスルリと入ることができる。

友達でも、家族でも、夫でもない他人の頭の中に、入り込むことが出来るんだ。

それはね…私にとっては、孤独を癒してくれることなんだよね。

もちろん、ブログを読んで「この人何言ってんだ?」みたいな人もいると思う。

だけど、たった一人でも、「なんだか、この人の言ってること分かる気がする…」って感じてくれたらこれ以上嬉しい事はない。

でも、ブログが「趣味」というのは、読んでくれる人がいてこそ成り立つんだ。

だからね、私の拙いブログを読んでくれている読者さんには本当に感謝しています。

読んでくれる人がいるおかげで今のところブログが趣味として成り立っている。

読んでくれる人がいなかったら、趣味としてブログをやっている意味がない。

家でこっそりノートに日記を書いているのと変わらない。

色々なことを共有したいんだよ。

社交辞令とかめんどくさいこと抜きで。

まぁ、ブログも孤独に強くないと続けれないよなぁ…とは思う。

結局は、何事も楽しむには「孤独じゃない事」が条件なんだよな。

一人旅を楽しめる人ってさ、きっとさ、「孤独じゃない人」なんだよね。

不安定で孤独で自信がない人は保身に必死で何事も楽しむ余裕なんてないんだ。

何事も楽しむ段階にいくには強くならなくちゃいけないんだなぁ。きっと。

人生を楽しめる余裕のある人になりたい…

最後にそう思ったヒエヒエでした。

【スポンサーリンク】