悩みすぎな私の子育てライフ

4歳と2歳の姉妹の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

妊娠中だから幸せいっぱい?それは決めつけだって話

4歳児と2歳児の育児中の専業主婦ヒエヒエです。
そして現在3人目妊娠中なのでございます。

最近、よくわかりませんが気分が沈みます。
マタニティーブルーってやつでしょうか・・・。

自分がとてつもなく不甲斐なく、駄目な人間に思えるのです。

他の人はどんどん前に進んでいて、わたしだけ停滞しているような気分に陥るのです。

そんな事はきっとないはずなのに・・・ね。

別に他の人から見たら不満な事は何一つないはずなのです。
夫は長期不在中ですが、実家にお世話になっていて全くの果報者なのであります。

だけど・・・
だけど・・・

なんなんでしょうね。
私はもしかしたらまだ、自分の存在を特別だと思いたいのかもしれません。特別な事が出来ると思っているのかもしれません。

だけど、現実は・・・ごくごく普通の専業主婦で・・・。

「こいつは何を言っているんだ?」って思うのはごもっともです。

自分だって何が不満で気分が沈むのかわからないのです。

妊娠出来ているだけでも、幸せじゃん!
って怒りがこみ上げてくる人もいるかもしれません。

でも、仕方がないのです。

金持ちだったら常に幸せだとは限りません。
日本に生まれてきただけでもありがたいと思わないと!なんてよくいいますが、そんなの分かりません。

じゃあ、なんで日本ではこんなに自殺者が多いのでしょうか。

「子供は自由でいいな〜何も悩む事がなくて」

・・・って決めつけも好きではありません。とてつもなく悩みの多い子供だっているのです。

〇〇である=幸せ

なんて万人に通じる法則は存在しないのです。

子供がいる=幸せ
仕事がある=幸せ
結婚している=幸せ
妊娠している=幸せ

・・・そんなの分かりません。

大体「幸せ」って言葉も曖昧です。

美味しいものを食べた一瞬が幸せ。
辛い辛いマラソンを走りきる事が出来て幸せ。
夢のマイホームを建てれて幸せ。

じゃあ、美味しいものを食べてない時は不幸?
マラソンを走っているしんどい時は?
マイホームを建てた後、お金がすっからかんになったら?
麻薬をしている一瞬は幸せ?

・・・・。なんて。

妊娠中でも、とてつもなく沈んだ気分になる事だってある。
そして、逆にとてつもなく晴れ晴れとした気分になることもある。
常に幸せな気分なわけがない。

天気が操作出来ないように、人間の気持ちも操作できない。

出来る人もいるって?

きっとそれは演技が上手い人、または自分の感情を見て見ぬふりが出来る人じゃないかな。

人間なんてみんな根本は同じで弱いものじゃないかな。

私は過去にブログで、ネガティブな内容を書いた時、ひどいコメントをされたことがある。

まるで、個人的に専業主婦に恨みがあるような内容だった。

そのコメントに傷つかなかったと言ったら嘘になる。

確かに私は傷ついた。

でも、普段みる電車の中とかで、疲れ切った顔で携帯を気難しそうな顔をして一人でいじっている人が、そのコメントを書いたと想像したら、なんだかどうでもよくなった。

その人も、弱い人間の一人だって。

大体、他人を貶めたり、責めたりする人は、その人自身に問題があるものです。

貶めたり、責めたりする事でその人よりも優位に立ちたいのです。

それか、自分を正当化したいのです。

だから自分の子供には甘々なくせに、他人の子供には厳しいことばかり言う人がいるのです。

だから、人を批判したり否定する時は、自分自身に問題があるかどうかをしっかり吟味しないといけないのです。

そうしないと、自分自身の弱さを知らないうちにさらけ出すことになるのです。

例えば私が働く女性を非難したくなる時は大体、専業主婦の自分を正当化したかったり、優位に立ちたいという、密かな願望からかもしれません。
そしてそれは自分自身でも見て見ぬ振りしている潜在意識で気づけないかもしれないのです。

でも、それは人間なのでしょうがないのかもしれません。

どうあがいたって、結局は完全に客観的になんてなれる訳がないのですから。

自分は自分以外になれないのです。


ということで、長々とまたまとまりがなく偉そうに書きました。

そう、偉そうに書いたって事は偉くなりたいのです。私は。

だけど、所詮私は有名な〇〇博士とか〇〇所属とかそんな素晴らしい肩書きの何もない主婦なのです。何の発信力も説得力も無いのです。

自業自得?その通りです。

その事実がとてつもなく虚しく、また情けない気分にさせるって話でした。

【スポンサーリンク】