悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

愛は金で買えるんじゃない?って事を本気で考えてみる。

子育て真っ最中の主婦のヒエヒエです。

わたくし、最近「愛」について語ることが多いのですが…
www.hiekashi.com
www.hiekashi.com


うん、何愛について熱く語っちゃってんだよって感じですが。

はい。私は熱い主婦です。

熱くて何が悪い( ̄∀ ̄)

と言うわけで、そして今回も懲りずに「愛」について引き続き語る訳ですが、

はい。タイトルに書いてるように


「愛は金で買えるんじゃない?」

って話。


…何て不純な考え!


って、昔の純粋ちゃんな私はプンスカプリプリ怒っていたでしょうね。

ですが、最近本気で思う。

愛はお金で買えるって。

何故、「愛はお金で買える」という考えに肯定的になったか、説明していきます。

まず、私の中の「愛」の定義は「愛=肯定的な関心」とします。

例えば、近所のおばあちゃんがニコニコして挨拶してくれるのも「愛」だという考えです。

アナ雪のオラフが言うように「自分のことより相手を大切に思う事」みたいな限定的な愛の定義ではないので、ご了承下さいね(アナ雪知らない方はすみません)

で、その「愛」がお金で買える例として、「習い事」が分かりやすい例だと思います。

私ごとですが、最近娘にスイミングを始めました。

もちろん、お金を払いますね。

そして、その分しっかり子ども達を指導してくれます。

しっかり、名前とその子の能力の段階も把握してくれます。

そう、しっかり関心を寄せてくれるのです。

よくできたら、思いっきり褒めてくれたり、その子その子に合わせて指導方法を変えたり、とても、とても可愛がってくれます。

何故か?

お金をはらっているからです。

お金を払ってくれる親の子だから熱心に関心を寄せてくれているのです。

ある意味限定的です。

誰でもってわけじゃないのです。

お金を払ってくれる親の子どもだから、ここまでしっかり見てくれているのです(しつこくてすみません)

そう、スイミングの先生はお金を求めている(金の亡者って話では決してないですよ)

親は子どもに関心を持って能力を高めて欲しいと思っている。

「愛=肯定的な関心」をお金で買ってますね。

互いにメリットがあるから成り立つわけです。

そう…

愛はお金で買えるのです!!

え?下衆ですか?
不純ですか?

いやいや、愛をお金で買って何が悪い?って私は思うのです。

例えば、よく金持ちのおじいさんが若い綺麗な女性と結婚したら、周りから「金目的だろ!」って非難されますよね。

でも、私はそれを本気で怒る人はただの嫉妬だと思うのですよね。

きっと本気で怒る人はお金を持っていない、綺麗な女の人に好かれたい、おじさんでしょう。

だって、確かに女の人は金目的かもしれません。でも、それできちんと相手に愛を与えて、相手も満足だとしたら何が悪いというのでしょうか。

互いにWIN-WINじゃないですか。

お金も「愛」の獲得手段の一つです。

「愛」はエネルギーですから、どんな方法でも枯渇するよりましです。

ないと生きていけないのですもの。

「愛」を金で買って何が悪い(何回もいいます)

考えてみたら「サービス業」なんてほとんど「愛」の売買ではないでしょうか。

ディズニーランドのキャストさんが笑顔であそこまで歓迎してくれるのは何故か?

誕生日のシールを貼っていたら祝福してくれるのは何故か?

高いお金払っているからです!

その愛を必要とする人がいるから仕事が成り立つのです。

ただ、そのような金で買う愛は「金」が切れると終了です。

習い事と同じように、お金をかけなかったら今までのようには愛を与えられないのです。

「お金を払いませんが、今まで通りスイミング通わせて下さい!」「…は?」って話です。

確かにお金で愛は買えます。

だけど、その愛はお金が切れたら終わります。

そう考えると「金の切れ目は縁の切れ目」とは言い得て妙です。

でも、勘違いして欲しくないのは、金に関係ない「愛」ももちろんあって、そっちの「愛」の方が重要だってこと。

その類の愛は「共存」「依存」「協力」「理解」がキーワードな気がします。

互いが互いを「かけがえのない存在」だと思うこと。

この様な「愛」こそが、今の世の中の枯渇気味な「愛」というエネルギーを増幅させる唯一の手段な気がします。

金で買う「愛」は互いにそこまで増幅は出来ない気がします。

金がどんどん消費されていくので、金だけで「愛」を継続的に得るには相当な金持ちしか無理な気がします。

なので、庶民はこの方法はいずれ自分の首を絞める事になりそうです。

よくありますよね、愛人に貢ぎ続けるために会社のお金をつかっちゃったって話。

または、借金してでもホスト通いをやめれないって話。

愛に無知な悲しい人間の悲劇…。

でもね、ここまで極端じゃないにしても、最近の世の中、みんな愛に無知になりつつあると思う。

近所付き合いが希薄になったり、孤立する子育て主婦や老人。

サザエさんの様なご近所さんみんながファミリーみたいな愛に溢れる環境が夢物語になりつつある世の中。

核家族が増え、利己主義に拍車がかかっている今。

さらにスマホ一つでショッピングまで一人で完了できてしまう世の中。

もう一度「サザエさん」の様な世界に価値を見出してみるか?

それとも、金で愛を買うしか手段がない世界に向かうか。

子供たちが年齢関係なく外で集って遊ぶ光景がなくなり、みんなそれぞれ習い事か?それともゲームか?

親はそれぞれ仕事、子供はコンビニ弁当が普通か?

金による「愛」の争奪戦が繰り広げられる世の中になるのか。

所詮金持ちが得する世の中なのか?

それともインターネットで愛を求める世界?(今だいぶそうなっている気がしますが…)

なんだか色々と話がそれてしまいましたが、「愛は金でかえるんじゃない?」って事を深く考えたヒエヒエでした。

【スポンサーリンク】