悩みすぎな私の子育てライフ

6歳と4歳と1歳の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

ある主婦のある空虚な気分

ある主婦の戯言。

朝起きて、洗濯物してさ、洗濯物干してさ、食事の準備してさ、食べてさ、食器洗ってさ、買い物行ってさ、買ってきたもの冷蔵庫にいれてさ、また食事作ってさ、洗濯物入れて畳んでさ、ごはん食べてさ、食器あらってさ…なんやかんやさ、色々しているうちに、1日が終わってさ…寝て

起きてまた、洗濯して…


そう、1日の大半を家事に費やしている。


もちろん、この事はさ、意味が無いわけじゃない。大切なことだよ。必要な事だよ。

だけど、なんだかね、

時々ふとした瞬間に…虚しくなる。

なんでだろうね。

役割があって、それをできることは幸せなはずなのに。

きっとね、欲張りなんだ。

自分はこんなことよりもっと出来ることがあるはずだって。

家事なんかにエネルギーと時間をかけてる場合じゃない!ってさ。

そう思いたいんだよね。

そう思いたいんだ。

だけど、現実の私の役割はさ、今やっている事がさ、嘘でも偽りでもなく、それ以上でもそれ以下でもない訳で。

ただその役割がここにあることが真実で。

なのに、何処かにキラキラした別の役割があると思っている。シンデレラがお姫様になるのを夢見てるみたいにさ。

少女でもないいい歳した主婦がさ。

夢だけはまだみたいらしい。

だけどね、現実の私はただ、日々の生活と家事をこなすのに、エネルギーと時間を費やすだけ。

あの、大人になるまでのアホみたいに頑張って集めた知識はなんだったんだ?

過去に覚えた数学の方程式も、必死に覚えた英語の単語も、地球の歴史やなんやかんや…一度は私の頭の中に入ったはずなのに、通り過ぎて、何処かへ行ってしまった。

あれは一体なんだったんだろう。

その風化した後の残骸が、積み重なることなくバラバラと無造作に私の中で散らばっている。

何も形をなさずに。     

この知識はガラクタも同然なのか?   

このガラクタたちで散らかった部屋のような場所は、私の頭の片隅にひっそりと存在している。

きっと、ガラクタをガラクタにしてるのは私だ。

ガラクタにされてしまって何にもなれずに虚しくそこにあるだけだ。

そしてずーっと手がつけられないまま私に見てみぬふりされているんだ。

あーこの部屋、片付けないとなぁ…いつか。

そう、ぼんやり思いながら…

そしてまた朝がきて1日が始まる。

ただ、今、目の前には、沢山の家事が待っている日常が列をなして続いている。

そして、あの部屋には埃が積もり続けるんだ。なんの意味も為すことなく。

別に今の生活は不満じゃないよ。毎日充実してるし。普通に生活していけるだけ幸せだって。本当にそう思う。

もうさ、シンデレラがお姫様になれることを本気で信じるような年齢でもないしさ。

でも時々さ、虚しくなるんだよ。

だから夢を描く。

たとえ、叶わなくったって夢を描くことをしないと、生き続けるのは難しいんだよ。

例え、辿り着けなくてもさ、目標のない山登りと、目標のある山登りは全く違うんだよ。 

目標がないと…挫けてしまいそうになるんだよ。

目標に向かって力強く突き進んでいきたいんだよ。

つなぎとめるものがないと、バラバラになってしまいそうになるから。

だから、私はまだまだ夢を描きたい。

時々その夢の輪郭がかげろうのように消えてしまいそうになるけど。

描き続けたい。

ガラクタが何かになれるチャンスもあるかもしれないから。

【スポンサーリンク】