悩みすぎな私の子育てライフ

4歳と2歳の姉妹の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

入園料・駐車料金無料の公園!「笠間芸術の森公園」は子連れにも大人にもおすすめ!(しかしイベント期間は駐車料金がかかることあり!)

4歳児と2歳児と育児中のヒエヒエです。

 

今回は、「笠間芸術の森公園」行ってきたので、レポ致します!!

 

10月の3連休の最後の日(月曜日)に行ってきました。

つくば市内からは一時間ちょっとで行けましたよ~☆

 

 行った感想は、

 

とても面白かった!!子連れにおすすめ!

 

・・・が、伝えておきたい注意点もあります。

ということで、始めていきます☆

 

 

 

■目次

 

「笠間芸術の森公園」の基本情報

まず、基本情報から公式ホームページはこちら→笠間芸術の森公園

 

茨城県営都市公園の1つです。とても広いです。

こちらが公園マップ↓

f:id:hiekashi:20171011075311j:plain

こちらの写真では分かりにくいかもしれませんが、かなり広いです。そして公園内や隣接した場所にさまざまな施設もあります。

 

こちらのマップの下に施設のインフォメーションが記載されております(写真の下に少し見える部分です)。

簡単にそのインフォメーションの内容を以下に書き出してみると、

******************:

〈笠間芸術の森公園〉

開園時間:8:30~17:00

休園日:12月31日~1月1日

 

〈茨城県陶芸美術館〉

開園時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)

休館日:月曜日(祝祭日・連休の場合は翌日)

 

〈笠間工芸の丘KASAMA クラフトヒルズ〉

開館時間:10:00~17:00

休館日:月曜日(祝祭日・連休の場合は翌日)

 

〈茨城県窯業指導所 匠工房〉

開館時間:8:30~17:15

休館日:土・日曜日・祝祭日(催し物がある場合は開館)

**********************

 

微妙に開館時間と、休館日が異なっているので注意です。

 

と、このような施設もあるのですが、今回私達は行きませんでした。

「行きませんでした」というより「行けませんでした」という方が正しいかもしれません。

なぜなら、

 

「笠間芸術の森公園」の「あそびの杜」という子どもにとって、夢のようなエリアでもう満足してしまい、他の場所に行く気力がなくなってしまいました(^▽^;)

 

「茨城県陶芸美術館」は施設に入ってみたものの、無料で鑑賞できなかったので、すぐにでてしまいました。それに陶芸って・・・4歳児と2歳児の子連れの親にとっては恐怖以外何者でもありませんよね(笑)

 

ということで、子連れは「笠間芸術の森公園」の「あそびの杜」をメインに行く以外選択肢はない!です

 

因みに「笠間芸術の森公園」自体は入場料無料で、駐車料金も無料なのですが・・・

 

が!駐車料金が有料になる場合があります。詳細は次の項目で書きます。

また、駐車場は「北駐車場」「南駐車場」「東駐車場」の3箇所あります。

 

メインに行く場所によって事前にどの駐車場に停めるか決めておくことをお勧めします☆

 

 

「笠間芸術の森公園」の駐車料金は通常無料だけど、イベント中は一律500円に?!

 

なんと今回、私たちが行った日は「笠間浪漫(かさまろまん)」というイベント中でして、なんとイベント期間限定で駐車料金が500円かかりました。

まったくイベントに興味がなかった私たちにっとっては、不運なことでした(トホホ)

「え?え?きいてないよ~~~~」って感じでした。

 

しかも、駐車場激混みで入るのに10分ぐらい待ちました(10時半到着で)。

 

ということで、事前にイベントがないかどうかチェックしていく事をお勧めします。

特にそのイベントによほど興味が無ければイベントの日は避けるべきです。

 

因みに今回私達は「笠間芸術の森公園」は初訪問だったのですが、たまたまビッグイベントの日だったからかわかりませんが、

ものすごく人が多かったです。特に「あそびの杜」エリアが・・・。

 

その混雑状況については後々写真等で伝えていきます。

 

ということで、ただ、子どもと公園遊びをしたいだけで行くのであればイベントの日は極力避けましょう!!

 

 

 

子連れファミリーは絶対はずせない「あそびの杜」エリア

子連れにはたまらないのが、「あそびの杜」エリアです。

このエリア何といっても長い滑り台が目玉です。

f:id:hiekashi:20171011074713j:plain

f:id:hiekashi:20171011074708j:plain

このように森の中まで続いております。

f:id:hiekashi:20171014071524j:plain

 

 

もちろん、滑り台の他の遊具もとても充実しております。

f:id:hiekashi:20171011081358j:plain

特に4歳の長女が気に入っていたのはこちらの「ふわふわドーム」。

f:id:hiekashi:20171011074511j:plain

利用時間はこちら↓

f:id:hiekashi:20171011081342j:plain

 

 

もうこの「ふわふわドーム」、長女をすっかり魅了してしまって、まったくここから離れようとしませんでした。

このようなピョンピョンはねる遊具はよく見ますよね。「国営ひたち海浜公園」でも、「アンデルセン公園」にも同じような遊具がありました。

子どもが喜ぶこと間違いなし!の遊具です。

 

しかし、大人気の長い滑り台は、長女は1回滑って恐がってしましました。

こちらの滑り台、専用シートを借りることができて、そのシートを使用すると結構なスピードが出るとのこと(おっと談)。

こちらの写真が、そのシートが置いてある場所なのですが、すごい行列ができております。わかります?

f:id:hiekashi:20171011074515j:plain

この行列、その滑り台用のシート待ちの行列なのです。

オッマイガッですよね。

 

 

 

「芸術」と名前につくだけあって、いたるところに芸術作品が! 

 

「あそびの杜」エリアもいたるところに芸術に触れあえる工夫がなされております。

 

こちらは大型遊具につながる道の壁。

f:id:hiekashi:20171011080824j:plain

このようなベンチのある柱にも

 

f:id:hiekashi:20171011074235j:plain

 

矢印で指した場所にこのような素敵な芸術作品が!

f:id:hiekashi:20171011080811j:plain

f:id:hiekashi:20171014073959j:plain



素敵ですね。

 

そして先ほど紹介した長い滑り台を滑るために上る階段では

 

f:id:hiekashi:20171011080221j:plain

壁にこの様なおしゃれなデザインが施されております。

このような芸術面に着目してみるのも楽しいですね!

 

「あそびの杜」をメインに遊ぶなら「東駐車場」が近い!

東駐車場は「あそびの杜」にとても近いです。

こちらのマップで距離関係を見ていただくとわかると思います。

f:id:hiekashi:20171011074242j:plain

左側の赤まるで囲っているのが「東駐車場」エリアで赤い☆のある場所が「あそびの杜」エリア。因みに右側の赤まるで囲っているのは「北駐車場」エリアです。

 

そう、東駐車場から「あそびの杜」はかなり近いのです。

f:id:hiekashi:20171011080153j:plain

こちらの写真の右にちょこっと車が見えるでしょうか。

この車が停めてある場所が「東駐車場」です。

お分かりの通りすぐ近くに「あそびの杜」エリアがあります。

 

なので、「あそびの杜」メインで遊ぶのであれば「東駐車場」に停めることをおすすめします。

 

が!

 

ものすごく子どもにとっては魅力的なエリアなので、いったん子どもがこのエリアをみてしまうとここから身動きできなくなり他のエリアに行くことができなくなるかもしれません(^▽^;)

なのでその点は、親御さんのご判断にお任せします(笑)

 

因みに今回私達は北駐車場に停めましたが、「あそびの杜」まで結構遠かったです。

 

 

「水辺の広場」エリアはピクニックやゆったり過ごすのにおすすめ!

「水辺の広場」はとてもゆったりとした時間を過ごせます。

f:id:hiekashi:20171011075750j:plain

こんな芝生でレジャーシートを敷いてお弁当を食べるなんて、絶対素敵ですよね。

 

f:id:hiekashi:20171011074704j:plain

この様に広いスペースもあるので、バトミントンなどの遊びもできます。

 

特に何があるというわけではありませんが、のんびりと散策して素敵な時間をすごせます。

 

子どもより、ゆっくりしたい大人におすすめかも。

 

 

期間限定「笠間の栗ソフトクリーム」が思いがけず美味だった!!

 北駐車場に向かって歩いている途中に「茨城県陶芸美術館」が見えたので

f:id:hiekashi:20171011074520j:plain

せっかくなので建物の中に入ってみたものの、子どもと見れる場所がなかったので、入ってまっすぐ直進して建物の反対側にでると、なにやらいろいろと出店(イベント期間中だからかしら)があり、その中に・・・

美味しそうなソフトクリーム屋さん発見!!

f:id:hiekashi:20171011074231j:plain

栗ソフトクリーム!!美味しそう・・・・。

ということで、期間限定に弱い私はもちろん購入。

一個400円なり~。

 

f:id:hiekashi:20171014080807j:plain

こちらの栗ソフトクリーム、

ものすごく美味しかったです。

栗の味がしっかりとして、久しぶりに美味しいソフトクリームに出会えた!って感動しました。

是非みかけたら食べてくださいね!!

本当に美味しいかったです。

 

 

まとめ

 

以上「笠間芸術の森公園」のレビューでした。

「陶の杜」等他にも行きたい場所がありましたが今回行く時間がありませんでした。おそるべし「あそびの杜」トラップ(^▽^;)

ということで、一日たっぷり遊べる公園です。

子連れにも、そして落ち着いた陶芸好きの大人にもとてもおすすめできる公園です。 ですが子連れは「イベント期間」には気を付けてください。 予想外に「あそびの杜」が人であふれかえっております。滑り台を滑るだけでも大行列にならぶはめに・・・。

今回私達は初訪問だったのでイベント無しの休日の混雑状況はわかりませんが、おそらくイベント期間のほうが絶対混雑しているでしょう。 駐車料金も500円になるかもしれませんし・・・。 ということで、子連れで行かれる方は事前のイベント情報をチェックしていって下さいね! では☆

 

【おすすめ記事】

 

www.hiekashi.com

 

 

www.hiekashi.com

 

 

www.hiekashi.com

 

 

www.hiekashi.com

 

 

【スポンサーリンク】