悩みすぎな私の子育てライフ

3人の子育て中専業主婦のチャレンジブログ。

【スポンサーリンク】

私がブログにハマる10の理由

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由

 
なんか、レッドスターがもらえるらしいので、お題に沿って文章を書くのはあまり好きじゃないですが、書いてみます。別に「はてなインターネット文学賞」に選ばれなかったからって怒ってないですよ私は。ぷんぷん。
 

えらばれなかった子↓

www.hiekashi.com

 

あと、少しは今回の投稿で私のブログの存在を知ってもらえるきっかけになったら嬉しいっす。長く続けてるくせにPV激少ないブログなので。
 
では、「私が〇〇にハマる10の理由」
のお題について考えていきます。
〇〇は、「ブログ」にします。
なにしろ飽き性な私が結構長くブログを続けているので。一歳だった子が小学生になるまで書いてんだからね。全く。
では
「私がブログにハマる10の理由」について書いていきます!
果たして10も書き上げることができるのか?!私。

①自分だけが知っているの精神の世界を形にして楽に記録として残せて、他人と共有することができる

 
正直これにつきる。自分でも忘れ去ってしまうような精神世界の瞬間を文で書くことは、自分だけの日記でもできる。だけどブログはそれにプラスして楽に管理できるし、さらに表現の幅が広がる機能が豊富。「過去記事貼り付け」「引用」「画像」「リンク」「動画」やらを総動員して駆使して表現できる。これってよくよく考えたら凄いツールだよ。そして何より他人と、自分の心の声を共有できるってところが素敵だ。
いや、もうこれが全てだろう。一つ目で詰んだ……。てか、10も書かないといけないのに、1に複数混ぜるっていう愚行。しかも、しょっぱなから「なんか文体めんどくさい」雰囲気ぷんぷんかもしすぎ。まあ、とりあえず、次。
 

②自分が誰かの刺激になっていること

 
だって、一人で家で何か頭で呟いても、世界は何も変わらないよ。ブログにそのつぶやきを書いたらさ、きっと誰か一人ぐらいには心にチクリと刺激を与えれるでしょ?それって私の存在が独立系じゃないってことでしょ?世界にチクリとした変化をもたらしているってことでしょ?…一人ぐらいはいるでしょ?
 

③リアル世界では話せない事を話せる

 
要するに私は寂しいやつなのです。このブログで書いている事をリアル世界でお話しする相手がいないのです。話したいのに話せないことは辛いのです。何でお話しできないかは、私のブログの記事を読んでいただいたらわかるかと思います。

 

www.hiekashi.com

さすがにママ友にこんな話を一緒にできる人は今のところいません。

 

④自分の成長を客観的に把握できる

 
人はきっと成長しているのでしょうが、それはなかなか自覚しにくいもの。だけどブログは書き続けることで自分の成長を客観的に把握することが可能。その成長がみみずが這うような速度であろうと、全て記録され、公開される。
 

⑤何だか記事を書くだけで何かを積み上げてる感が得られる

 
記事を書くことはアウトプットだからね。「ぐーたらだらだら」して生産性のない1日を過ごしたとしても、その日の最後に1記事書くだけで何か生産した一日になるじゃない?ちがう?
 

⑥勝手に心の友をつくれる

 
好きなブログは読んでるだけで、何だか心の友になれた気がする。別にコメントしなくたって、勝手に共感して、勝手に心で「あー素敵」って呟いている。別に友達ってリアルで会ってペチャクチャ話すだけが友達じゃないよ。なるべく邪魔しないように関わらずに、勝手にそっと一方的に見守りたいっていう愛の形もあると思うよ。私は。…逃げないでね?
 

⑦ブログが注目されないから

 

注目されないから、ハマるんだよね。きっとどこかで注目されたいんだろうね。「私を見つけてくれ!」みたいな。だけど、変な人には見つかりたくない。嫌いな人にもね。変な人や嫌いな人に見つからずに、真の心の友が沢山欲しい。誰でもいいから注目されたいわけじゃない。でも真の友達に会うためにはある程度注目されないと会えない。分かります?この悲しいジレンマ。

⑧書くとスッキリする

 
なんかね、書くとスッキリするんですよね。何事も溜め込むのは良くない。やっぱり中で育ったかわいい子どもは外の世界に出してあげないとね。

⑨今は亡き存在に少しの命を与えれる

 
「は?こわっ!」って思った方はこちらの記事を読んでいただけたら、少しは「は?こわっ!」がなくなるかも→
はい・・・これで、私しかしらない今は亡きこの蝉の存在がこの記事を読んだあなたも知る存在となりました。これって凄いことじゃない?この蝉は今この記事を読んだあなたの中で命を得たのです。え?こわ?
同じような類の記事がこちらかな→
今はこの世にいない私の友達もこの記事で今の世界に影響を与えれるでしょ?
 

⑩ブログ以外に持論展開できる場が他にないから

 
ブログ以外にないですね。私が名誉ある大学教授で自分の持論展開した論文を発表すれば、必ず誰かに注目され称賛される環境があったら、きっとこんなにもブログにはまらないでしょう。幸か不幸か私にはそんな環境はありません。こちら論文として発表してもいいですか?

10書けた!

以上10個!
 
意外とかけました。いや、まだまだかける気がしますよ。①書いた時点で「詰んだ…」と思ったのに、人間、自分が思っている以上に可能性を秘めてるものですね。
 
今回の記事で「冗談か正気かわからない狂気」そんな私のブログの雰囲気が何となく伝わったでしょうか?大丈夫です。すべて正気ですし、狂気と思ったこともありません。今回いつもより茶目っ気が若干増しましな気がするのは、3人の子育てで疲れ切った週末の金曜日の夜に、やっと子供を寝かしつけた後、限界状態で文章を書いたが故でしょう。
 
私の虚しい茶目っ気はともかく、愛すべきブロガーさんは、何か一つでも共感できる「ブログにハマる理由」はあったでしょうか?
 
もし、あったのなら、限界状態の金曜日の夜に頑張って書いた甲斐があるってもんです。レッドスターもらえるし。こんだけ長くブログやってるくせにレッドスターつかったことないけど。
 
では、皆さま、素敵なブログライフを☆
 
【合わせて読みたい】
 
 

【スポンサーリンク】